| Login |
2010/07/26
日本の人から「フランス人は、英語が話せても話したがらないのですってね」と、よく言われます。

私は「そんなことないですよ」と答えるのですが、どうなのでしょう?

だいたいにおいて、「フランス人とは」とか「フランスは」とか書いてあるものを読んだ日本人は、頑なにそれを信じているみたいなので、あえて反論は唱えないようにしています。

でも、言わせてもらえば、そうじゃないと思うのです。

フランス人が英語を話さないとしたら、その人は英語を話せないからであって、英語が流暢なフランス人は英語をしゃべりたがる、と私は経験上から感じています。


「フランスにいるならフランス語をしゃべれ」と言われる

英語に関して、日本人とフランス人の大きな違いは、ここにあると思います。もちろん、当てはまらない人もいますが、多くはこのパターンではないでしょうか?

英語をしゃべれない日本人は、英語をしゃべれないことに引け目を感じて、オロオロする。

英語をしゃべれないフランス人は、「どうしてお前は、フランス語をしゃべらないのだ!」と相手に腹をたてる。

フランス的な態度って、とても良いと思うのです。だって、そう考えてしまったら、すごく気が楽ではありませんか?!

フランスに初めて留学したとき、フランス人の知り合いができたら覚えた言い回しがありました。
「あなたはフランスにいるのだから、フランス語を話さなければいけません」

英語で話しかけて言われたわけではなくて、口数がすくないから言われたのだと思います。ろくにフランス語をしゃべれなかったのだから、そう言われたって仕方がなかったのですけど。

ともかく、何度も言われたので、このフレーズを覚えてしまいました。

当然ですよね。日本に帰ってからは、日本語を話さない外国人を見たら、同じ言い方をしてやりたいと思いました。こちらが汗を流しながら外国語を話すなんて、おかしい!

ところで、フランス語の国際的地位はガタ落ちだとしても、やはり外国人も普通に勉強する言語なのですよね。夏にはヨーロッパ諸国の人たちがたくさんフランスにやって来るのですが、買い物する店やレストランなどで、下手なながらもフランス語をしゃべっています。

テレビで何処かの国の指揮者とか学者とかが出てくるとき、流暢にフランス語をしゃべったりしているので驚くこともあります。日本ではありえないですよね? 日本には住んだことがないような世界的に有名な外国人が、日本語をしゃべるなんて!


フランス人が英語をしゃべらない理由

フランスの英語教育は日本と同じで、話す方には力を入れていなかったそうです。だから、英語がしゃべれない。

それに、下手にしゃべると、相手より不利な立場になり、バカみたいになるので、しゃべりたくない。そういうものなのだそうです。

でもフランスの政治家の中には下手な英語をしゃべったりする人もいるので、英語がしゃべれないフランス人たちををも大いに笑わせています。どうせお笑いニュースになるだけなのだから止めれば良いのに、やってしまう政治家が登場します。

例えば、サルコジ大統領が英語をしゃべって話題になった場面↓


Sarkozy essaye de parler Anglais..

ついでに、もう一つ。

前政権で冴えなかったラファラン首相の演説。聞いているのはフランス人ばかりだったはずなのに、突然、英語でフレーズを口走ったので大きな話題になりました↓


l'anglais de raffarin


フランス人には、相手と同レベルの英語で話すのが良い

日本で英会話を教えている日米ハーフの女性が、パリに行くと不満だという話しをしていたのが面白かったです。彼女が流暢な英語を話すとフランス人は返事してくれないのに、一緒に旅行している日本人がシドロモドロの英語を話すとフランス人たちが答えている。

そうだろうな、と思いました。下手な英語同士なら、自分がバカみたいにはならないのでフランス人は英語を話す気になると思います。それと、フランス人が習う英語はイギリス英語なので、アメリカ式の発音は聞き取りにくいらしいです。

ところが、10年ほど前だったか、フランスの教育方針が変わって、小学生のころから英会話を勉強するようになりました。今の国際語は英語なので、ちゃんとした仕事をしようとするフランス人たちは積極的に英語を勉強します。

英語もフランス語もほぼ同じ体系なので、イギリスに短期留学するくらいでも、英語がしゃべれるようになるらしいです。


英語をしゃべりまくられた!

「フランス人は英語をしゃべりたがらないのですってね」と言われたときに、反論として持ち出したいと思ったエピソードがありました。

去年のオペラ座のオープニングコンサートに行ったときのこと。新しくオペラ座のトップ(この役職は日本語で何というのかな?)についた若い男性が、オープニングの挨拶をしました。

フランス人の館長がフランス語でスピーチをし、彼のアシスタントのイギリス人が英語で同じことを言うということにしていたようです。このときのコンサートは、指揮者はイギリス人、演奏するのもロンドン交響楽団だったのでした。

でも、コンサートに来ている聴衆はほとんど地元のフランス人のはず。フランス語と英語で同じことを言うと、2倍の時間がかかるのです。なにも英語訳をしゃべってくれなくても良いのに… と、思ううちに時間が過ぎていきました。

突然、壇上の二人は、受け持ちの言語を入れ替えました。つまり、フランス人は英語をしゃべり、イギリス人はフランス語をしゃべる。

お二人とも流暢ですけど、別に2ヵ国語で話してくれなくても良いのですよ。彼らはバイリンガルなのをひけらかしたいだけに見えました。

スピーチの内容は、こちらにはどうでも良いことばかりです。誰々さんが頑張ってくれたとか称えて、スタッフの名前をたくさんあげています。

若いオペラ座の館長は、イギリス仕込みらしい流暢な英語で得意げに話しています。

そういうのは、内々のパーティーでやって欲しいです。ロンドン交響楽団の人たちも英語が聞けて喜んだでしょうから。でも、私たちにはどうでも良いお話しばかり。コンサートに遅刻しないように無理してやってきたのですから、早く演奏を始めて欲しい!

30分くらいが経過。文句を言うのが得意なフランス人たちなので、誰かブーイングを始めてくれないかと期待したのですが、さすがクラシック音楽のコンサートに来る人たちって、お上品なのですよね…。

そのうち、フランス語と英語をしゃべる役はもとに戻りましたが、いつスピーチが終わるのか分からない。

やっと終わりに近づいたかな… という口ぶりになってきたら、会場から拍手がわきあがりました。私も精いっぱい拍手喝さいしました! 彼らの言葉は拍手でかき消され、もっと長く続ける予定だったのかも知れないけれど、二人は舞台から去ってくれて、演奏が始まりました。


フランスも変わりましたね…。
昔から、英語を話せるフランス人は英語をしゃべりたがるとは感じていましたが、ここまでやられると…。


ブログ内リンク:
ちょっと怖いな... 最近の日本礼賛ブーム 2015/03/01

外部リンク:
「英語が苦手」で有名なフランス人と、日本人の意外な共通点
フランス人が英語を話すと


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: フランス人 | Comment (6) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
この質問は私も散々されました。
誰がこれを言い始めたのでしょうかね。
私は英語のできない日本人がフランスで英語をしゃべって通じなかったからではないかと考えているのですが。
2010/07/27 | URL | 豊栄のぼる  [ 編集 ]
v-22豊栄のぼるさんへ

ステレオタイプのことがどこから来たのか調べると、面白いと思います。日本では、ジャン=ジャック・ルソーが「自然に還れ」と言ったとされているけれど、その表現が出てくる文献はない。フランス人は、「日本人がマスクをしているのは、大気汚染からの防御のため」と信じている。この2つはどこに原因があった誤解なのか突き止めましたが、「フランス人は英語をしゃべれても話したがらない」というのは、どこから来ているのかは見つけていません。

日本で広く読まれたものに書かれたことがあって、今でもリファーされているのだろうと推察するのですが、誰が言ったことなのでしょうね...。日本人の団体旅行では、旅行社がホテルでは枕銭を置くようにと指導しているそうで(ちゃんとユーロになっていて、今では1ユーロなのだそう!)と、それと同じころに広まったことなのではないか、と勝手に想像しています。

>私は英語のできない日本人がフランスで英語をしゃべって通じなかったからではないかと考えているのですが。
⇒ そういうのもありえますね。日本人にとっては英語もフランス語も同じような外国語なので、「フランス人が英語をしゃべれないはずはない」という前提にたった考え方なのではないかと思えるのですが、どうなのでしょう? 今のフランスでは事情は異なっているのかもしれませんが、会社で管理職についているフランス人から、学校では外国語を選ぶ選択肢があったので「英語を学んだことがない」と言われたときには、私自身おどろきました。
2010/07/27 | URL | Otium  [ 編集 ]
面白い話ですね!
私は日本に住んでいるフランス人です。
日本人は”なんでフランス人は英語話せるのに話したくないの?”ってよくきかれました。
まず、フランス人はみんな英語しゃべれるわけじゃないから!ちゃんと話せる人はぎゃくに話したいと思うけど。。。
たしかに、話せても上手じゃない人も多いし。
私は、初めて日本に来たときに、たまに、日本語で話してたときに、日本人は英語でこたえたことあります。
その時、私は英語を話せなくて、こまってた!笑
そしたら、日本人はびっくりしました、”え、なんで英語話せないの?”って言われて。何回も”フランス人は当たり前英語話せるわけじゃない”、ってせつめいしなければいけなかった。
でも日本で出会ったフランス人は、日本語話せない人多かったけど、その人たちは英語話せる人でした。
私は、今英語勉強してます、やっぱり話せたほうがいいと思うし、いろんな外国人と話してみたいし、けどやっぱり、英語話すことになっても、日本人と日本語を話したい、それかフランス語話せる日本人なら、フランス語でもオッケだけど、英語より日本語話せるから、おたがい自分の国の言葉じゃないから、日本で、日本人と英語話すことは変ですね、しぜんじゃなくなるから。
今の時代でまだそんなにステレオタイプがあるのはおかしいですね。でもしょうがないかもしれないですね!笑

長いコメントの変な日本語すみません!v-290
2010/07/29 | URL | Rachel  [ 編集 ]
v-22Rachelさんへ

貴重なご報告、ありがとうございます!♪ 私の場合は「話さないんですってね」と言われるだけですが、Rachelさんの場合は「どうして話さないの?!」になってしまうわけですね(笑)。

思い出しました。フランス人の友人が観光するために日本に行ったとき、皇居のあたりでウロウロしていたら、日本人男性から英語で話しかけられたというエピソードです。案内などしてくれるので、無理して英語で会話しているうちに、その日本男性は会社が休みの日に皇居前に来て、外国人に話しかけて英会話の実践をしているのだと分かったのだそうです。

外国人から個人レッスンを受けるのは高いですから、賢い方法だな、と思いました。でも、私の友人は英会話の勉強になるほど上手に英語を話さなかったはず。話しを始めた瞬間から「英語圏の人ではないから、やめよ~」と思えば良かったのに、外国人はみんな一緒と考えるのでしょうかね。彼がフランス人だと分かって、相手は少しがっかりしたらしいですが、それでもランチに招待してくれて、小さなお土産までくれたので、友人は満足していました!

>日本で出会ったフランス人は、日本語話せない人多かったけど、その人たちは英語話せる人でした。
⇒ そうかもしれないですね。日本ではフランス系の企業で働いていたのですが、社内では英語が第一言語で、フランス語もできるのはオマケという感じでした。

>日本で、日本人と英語話すことは変ですね、しぜんじゃなくなるから。
⇒ 外国人とコミュニケーションするときには、どちらかが母国語で話さないと、微妙な意思疎通はできないと思っています。でも、かたことの日本語を話す外国人に日本語で話していると、こちらがヘンテコリンな日本語をしゃべってしまうので困ります。日本語は文法をもとしにして話さないので、正しい日本語を話してあげようとすると、普通ではありえない不自然な言い回しをしてしまうのが原因なのだろうと思います。
2010/07/29 | URL | Otium  [ 編集 ]
私は英語しか話せません(><)
こんばんは。

以前フランスで、「(英語等の外国語を話さず)母国語を話すように」指導されたという話をニュースで見聞きした記憶があります。

私は一応フランス語をかじっていますが、英語に比べると本当に片言しか話せないのです。

フランス及びフランス語圏を旅行する際、挨拶や簡単な決まり文句は少々できますが、相手が理解できる場合はたいてい英語で通してしまいます。

先日トルコをツアーで旅行してきましたが、現地の言葉は全くわからないので、往復の機内(大韓航空)を含めて専ら英語で会話していました。
トルコ以外の外国でも、英語が最低限できれば、旅行するには困らないので‥。

フランス語がもっと上手に話せるようになり、現地で意思疎通ができるのが目標ですが、未だ努力が必要なようです。。
2010/07/30 | URL | ひなの。  [ 編集 ]
Re: 私は英語しか話せません(><)
v-22ひなの。さんへ

>以前フランスで、「(英語等の外国語を話さず)母国語を話すように」指導されたという話をニュースで見聞きした記憶があります。
⇒ どういう意味だったのでしょうね? フランスは移民が多いので、「母国語で話せ」と言ったら、「フランス語を話さないように」ということになる人も出てくるので不思議です...。「母国語」というのはフランス語のことなのでしょうね。昔々にはあったかもしれないとは思いますが、そういうことがあったのかしら? カナダのフランス語圏のお話しだったら、すっきり理解できます。英語を仏語にした単語を作ったりもして(E-mail は courriel と言うなど)、一生懸命フランス語を守っているのはケベックの人たちだと思っているので。

私がイスタンブールに行ったときには、トルコ人は外国語が上手なのではないかなと感じました。私が接したのは観光客を相手にするトルコ人だったので、彼らは商売熱心なので外国語も努力して勉強するのだろうな、と思いました。

外国語をマスターするのは難しいですよね。ヨーロッパには子どものときからの環境で、自然に2つでも3つでも言語を話せる人がいるので羨ましくなります。
2010/07/31 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する