| Login |
2010/08/17

シリーズ記事
【レストランからワイナリーに直行した日(ブルゴーニュ南部)(
目次
イントロ


なんだか体力がないなと感じるときは、ウナギの蒲焼きを食べる傾向にあります。

東京で働いていたとき、オフィスの近くに老舗のウナギ屋さんがあったので、疲れたと感じるたときはランチをそこでとっていました。

食べ終わって店を出るとき、すでに元気になったと感じていたので、気分的なものが大きいのだとは思います!



フランスではめったにウナギに出会わない

ベルギーやスペインを旅行したときには、ウナギ料理に出くわすことがあります。

ウナギのおかわり用に出された鍋<
★ ベルギーで鰻を食べたときの日記:
 
 ベルギーのレストランでの食事について 2009/05/23

でも、ヨーロッパ流に調理されたものを食べても、全然元気になった気にはなりません。ぶつ切りにされているのも気に入らない…。

ウナギは蒲焼きに勝るものはないと思っています。


フランスにもウナギを食べる風習がある地方があるのでしょうが、ブルゴーニュではウナギを売っているのを見たことがあったかどうか、記憶が定かではありません。

それでも、ブルゴーニュに住む年配者は「子どもの頃に川でウナギをとった」と言っていました。ツルツルして滑ると言っていたので、本物のウナギのようです。

不思議に思って調べてみたら、フランスではウナギが絶滅しないように、とる量を制限しているようです。


パリには鰻屋さんがある

パリを歩いていたら、鰻屋さんがあるので驚いたことがありました。

最近のフランスは日本食ブームですが、有名なのは寿司、焼き鳥で、ウナギのかば焼きはほとんど知られていません。「ウナギ」と言っても食欲がわかないらしい。それでも、パリの野田岩は、通のフランス人たちに好まれているようです。

フランス人に日本のウナギを食べさせようと思って連れていったことがあります。

パリの野田岩

蒲焼きが乗ったお重とか丼でご飯たっぷりというのは苦手だろうと思って、前菜色々と、皿にのってくる蒲焼きや白焼きなどを注文しました。

前菜がすごい。鰻のスモーク、洗いなど、日本でもなかなか食べられないと思う料理もありました。本格的なレストラン。

書きながら調べてみたら、東京の東麻布に本店がある老舗「五代目 野田岩」のパリ支店なのだそうです。
☆ 店のサイト: Restaurant Nodaïwa, Spécialité d'anguilles grillées
ここでは、お弁当も売っているようでした。

その横浜支店で焼いている蒲焼きを見せるビデオ:

Anguilles grillées à la japonaise

(Restaurant Nodaïwa, Yokohama)

上は、フランスの友達に見せてあげようと思って入れています。

ところで、フランスにいるとき「ウナギが食べたいな~」と思っても、パリまで食べに行くわけにいきません。それで、代わりに食べているものがあります。

次回はそのお話しを書きます。
続く


ウナギに関するフランス情報リンク:
☆ Lexpress Styles: Le meilleur unagi ? Chez Nodaiwa
☆ フランスのブログ: L’anguille
☆ 毎日新聞: ウナギ大好き、日本

内部リンク:
★ 目次: 薬として飲める酒、症状を回復する食べ物




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



コメント
この記事へのコメント
「五代目 野田岩」のパリ支店
こんにちは^^

今年の夏は日本中が猛暑で、8月後半になっても、蒸し暑さと日差しは衰えません(>_<)。

うなぎ、夏は人気のお店には行列ができていますね~。

自宅で焼くと美味しく焼けないので、スーパー等で既製品の蒲焼を買う以外は、たいてい鰻専門店で「ひつまぶし」「うなぎ丼」を食べます。

名古屋の「ひつまぶし」は元は賄い料理だったそうですが、最近はそれを名物にしている鰻屋さんが増えて、「うなぎ丼」よりも、メジャーになってきています。

いつか夫婦でパリに出掛けたら、和食命の旦那にこの「野田岩」で鰻を食べさせてみたい気がします。
2010/08/19 | URL | ひなの。  [ 編集 ]
Re: 「五代目 野田岩」のパリ支店
v-22ひなの。さんへ

行列ができてしまいますか。暑いのに、もしも店の外に並ぶのだったら参ってしまいますね...。

「ひつまぶし」とは聞いたことがなかったので検索してみました。おもしろい料理ですね。

この前に帰国したとき、評判の店で「ばらちらし」というのを食べに行こうという話しがあったのですが、これも具を小さく切ったチラシ寿司だったようです。そういうのが流行るのかしら? 私はどうも、細かく切ったのは何となくおいしそうに見えないのですが、鰻と錦糸玉子の組み合わせはきれいなので、食べてみたい気にさせられました。

ご主人さまは和食命ですか。海外旅行には不便なこだわりですね。野田岩は、私が行ったときはお米が余りおいしくなかったです。最近の報告だとカリフォルニア米だというので、良くなったかもしれません。

パリにはニセ和食屋さんがゴマンとありますので、ご注意くださいね♪! もうご存じでしたっけ?
2010/08/19 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する