| Login |
2010/10/05

楽しかった農村散歩 その4目次


前回の日記で出したクイズ「なぜ山羊たちは走り去ったのでしょう?」の解答を載せる順番なのですが、脇道にそれたことを入れておきます。コメントでいただいている内容が煮詰まってきて、もう一歩で正解がでそうになってきたので♪

これから書く話しの方が、山羊たちを駆り立てていたものを見たのより先だったので、私の散歩で見たものの順番にもなります。

散歩道は歩きやすくて気に入ったのですが(散歩した道はサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路だった)、道の向こうにある牧場と道を仕切る石垣がみごとなのにも感心しました。


見事な石垣ばかりの村

普通は石が横にした形で積み重ねられています。

上にコケが生えていて、日本庭園を思わせるのもありました↓




↓こちらは斜め積み。



いたるところに石垣ができているのは見事ですが、こういうところは農業には余りむいていない土地なのですよね。畑に石がゴロゴロしていたら作物がよく育たない。牧畜しかできない土地なわけです。

とはいえ、広大な小麦畑を持っている農家の人と話したとき、「畑を10センチも掘れば石ころだらけですよ」と言われて驚いたことがあります。それからいくと、日本の農地は肥沃だと思います!


牧場の仕切りに石垣があった理由

散歩して出会ったヤギたちを飼っている農家の人から色々なお話しを聞くことができたので(クイズ: なぜ山羊たちは走り去ったのでしょう?)、石垣についても聞いてみました。

だって、牧場の仕切りには灌木で垣根を作っておくだけで十分なのに、手間暇かけて石垣を作るなんて少し不自然なのです。

謎が解けました。
今は牧場になっている場所は、むかしは畑だったのだそうです。

畑を耕して出てきた石は邪魔なので取り除いて、農作業が暇な冬には取り除いた石を積んで塀を作る。そういう話しは前に聞いていました。

耕したから石が出てくるわけで、牧場はそんなことをする必要はないから石垣などはできないはずなのですよね。なるほど、石垣で囲われた牧場は、昔は畑だったところだ、と読めるのでしょうね。勉強になりました。

今の村にはヤギを飼っている農家が2軒だけになってしまったけれど、昔は農家がたくさんあったのだそうです。その村にたくさんあった農家は、昔のフランスの農業の典型で、多品目栽培。小さな畑に野菜や穀物を作っていたわけですが、残ったのはヤギ飼育農家だけで、畑はなくなった。

でも、地平線の彼方まで穀物畑という風景にならなかったのは、この山がちで石ころだらけの地方の幸運だったとも思います。牧場と森の風景の方が美しいだけではなくて、牧場には農薬をまかないので自然が残りますから。

【注】 フランスでは、大規模経営が進んで、農家の数が激減しました。終戦当時と今を比較すると、農地面積は変わっていないのですが、農家数は5分の1にまで減少しています。


美しい石を拾う

農家の人とおしゃべりをしているとき、帰りがけにはこれを拾うのを忘れないようにしよう、と思った石が私の足元にありました。



色の断層ができていてきれいでしょう? ブルゴーニュの北の方では灰色がかった白い石灰石ばかりなのですが、南の方では黄色い石、ピンク色の石があって、家もそれで作られるのです。この石は黄色とピンクの両方があるので見事♪

石垣になっている石は表面が風化してしまいますが、これは割れてでてきた断層だと思います。

農家のご主人とお別れして、姿が見えなくなったらこっそり石を拾って持ち帰ろうと思ったのですが、「さよなら」を言った後にその場に立ち止まっているのが不自然な状況になりました。

それで、「この石、もらっていいですか?」と聞いてみました。道に落ちている石なんか、もらったって構わないはずですが、いちおう礼儀なので!

【注】 ただし、浸食して穴があいた石灰石は、森で見つけてもとってきてはいけないそうです。犯罪行為になるそうなのでご注意ください! どんな石かというと、こういう石です。私は美しいとは思わないのですが、好きな人はいるらしくて、民家の門のところに飾ってあったりします。ということは、持ってかえってしまう人がいる、ということだと思いますが!


ご主人は、もちろん「どうぞ、どうぞ」の返事。
「見事な石でしょう?」とお見せしたのですが、ふ~ん、程度。

それはそう! 毎日歩きながら、きれいな石なんかに目を止めていたら仕事にならないですよね。

これは特別きれいで、しかも小さいのでお持ち帰りに適当だったのですが、美しい石は幾らでも落ちていました。

散歩のお話しはまだ続きます


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



カテゴリー: 建築物 | Comment (0) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する