| Login |
2010/10/10
森の木々も黄葉してきて、庭には枯れ葉が舞って、秋も深まってきたこのごろです。

フランスでは木の葉は、たいてい黄色になります。

モミジがないのが寂しいです。植木屋さんに「日本種モミジ」という木が売っていたので、「赤くなりますか?」と確認して買ったのですが、ちっとも赤くなってくれません。それでも今年は、ほんのり桜色程度になった葉が数枚できました。

鮮やかな赤い色になるのは、家の外壁や塀につたっているツタです。



先週の週末は素晴らしい天気だったのですが、週が明けると雨が降る寒い月曜日になりました。もう冬も近いのだものな、と思ったら、すぐに晴天の暖かい日になりました。そのままの天気で、また週末♪

この土曜日は、今年最後のペタンクをしようと誘われました。

呼ばれたお家に行くと、庭がすっきりしている。もうガーデンテーブルやチェアーは全て片づけてあったのでした。

麦わら帽子をかぶって、半袖姿でといういでたち。夏みたい…。
「10月にペタンクをしたなんて、ずっと後になっても思いだすだろうな」
お家のご主人が言いました。

ペタンクを終えてから、庭に唯一残された石のガーデンテーブルで食前酒を飲みました。夕方になったのでさすがに上着を羽織りましたが、夕食の時間になるまでは外にいても寒くない。

ブルゴーニュでは、早ければ8月中旬にはもう夏は終わったと感じるほど寒くなります。汗ばむような日もあるのはせいぜい9月。10月にこれだけ良い天気というのは珍しいです。

今日、日曜日は、別の友人からバーべュ―のお誘い。

みんな、寒くて長い冬を迎える前の暖かい日々を楽しんでいるようです。

確かに、今の時期にこんな夏のような陽気だったなんて、忘れられない年になるかな?…

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 四季、自然 | Comment (0) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する