| Login |
2010/10/22
リンゴの木に花がたくさん咲いた時期、間引きしなければいけないのだとは思ったのですが、どうせ実がならない花もあるだろうからと放置していました。

そうしたら、リンゴの実がたくさんついてきました。ここで、少し間引きしなければ、と再び思ったのですが、小さな実をとるのは可愛そう…。

そのままにしていたら、枝がしなるほど実が大きくなってきました。

やはり、間引きすべきだったみたい。道端にあるリンゴの木のように小さな実ばかりになりました。天候が悪かったせいもあるのか、見るからに哀れな姿。

それでも、おいしさには代わりない感じがします。甘さには欠けるだろうと思ったので、とりあえず薄切りにしてサラダに入れてみたのですが、サクサク感がでてすごく美味しい♪

リンゴは便利な果物ですね。豚肉料理の付け合わせとしても定番です。


リンゴのコンポートを作る

せっせと使ったのですが、虫食いを捨てても食べきれないほどあるので、リンゴのコンポートにしました。砂糖を入れて煮るだけなので簡単。



私のは無農薬リンゴです。この作業をしていて感心したのは、リンゴを切っていても、全く変色しないこと。

店で買ったリンゴやナスは、切ったそばから塩水に付けないと変色してしまうではないですか? あれは農薬のせいだと聞いたのですが、本当にそうなんですね。

貧弱なリンゴですが、コンポートも美味しかったです。

そのままだと乳児食みたいなので、先日たくさん作ったブラックベリーのジャムを上に少しのせると目先も変わるので気に入りました。



サイトにあったリンゴのコンポートのレシピ:
Recette Compote de pommes
レモンの皮、シナモン、砂糖、蜂蜜、バニラエッセンスを入れています。

私はリンゴに砂糖を入れただけのコンポートを作ったのですが、蜂蜜やバニラを入れるとおいしそう。リンゴのタルトでもシナモンを入れるのが普通なのですが、なぜかフランス人の中には極端に嫌う人がいるので入れないようになりました。


前触れなしにやってきた友人に食事を出したとき、デザートが何もなかったのでコンポートを使いました。そのまま出すにはありふれすぎているので、アーモンドのスライスをのせて、オーブンで軽く焼いてみました。



どうなるか分からないので、小さなのを作ってバニラアイスクリームに添えることにしました。

オーブンの火加減を間違えずにアーモンドがこんがり焦げてくれていたら、全く悪くない一品だと思いました。コンポートの方は暖まった程度だったのが良かったです。


来年は、やはり間引きして大きなリンゴを育てようかな?…

ちゃんと間引きした年に収穫したリンゴの写真を入れた日記:
フランス王家の紋章がついたリンゴを作る 2006/09/29

ブログ内リンク:
★ 目次: レシピ、調理法、テーブルウエアについて書いた記事
★ 目次: 食材と料理に関して書いた日記のピックアップ
総目次: テーマおよび連続記事ピックアップ


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 食材: 果実 | Comment (0) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する