| Login |
2010/11/30

マダガスカル土産をいただいて その2


ここのところ、何回かマダガスカルに通っている友人がいます。

マダガスカルという国の名は初めて耳にしたとは感じませんでしたが、アフリカのどこにあるのか全く思い浮かびませんでした。

島なのですね。フランスよりもずっと広いのだそうです。


大きな地図で見る

話しを聞いたら飛行機代がとても高かいので驚いたのですが(日本に行くのと同じくらい)、確かにフランスからはかなり遠いのですね…。

アフリカはヨーロッパのお隣という感じで、近いように感じていたので、エジプトに行ったときには「こんなに時間がかかるの?!」と思いました。マダガスカルは、それよりもずっと遠いのでした。


この友人がマダガスカルに行くときには、フランスに住むマダガスカル出身の友人が紹介してくれた現地の人のところにお世話になっています。現地の貧しそうな生活体験ですが、冒険もあって楽しそう。

フランスに帰ってきて、色々なお土産を持ってきてくれました。

お土産が入っていたカゴ

このマダガスカルで編まれたカゴの中には、色々なものが入っていました。


バニラビーンズ

まず、バニラビーンズひと束が入っていました。

ひと束と言っても、何本くらいあったかな?... かなりの量でした。現地の人が行くお店で買うと、とても安いのだそうです。

素晴らしい香りです♪

調べてみたら、私は知らなかったのですが、マダガスカルのバニラビーンズの質には定評があるようです。

大切にしなければ!

マダガスカル産 バニラビーンズ10本入り

マダガスカル産 バニラビーンズ10本入り

価格:2,310円(税込、送料別)


私の大好物フレンチ・トーストにこのバニラを入れると、下手なお菓子より美味しくできあがります。

でも、このフレンチ・トーストと呼ばれるパン(フランス語ではパン・ペルデュと呼ぶ)は、貧しい人が残ったパンを食べるというイメージがフランス人にはあるらしくて、フランス人に食べさせるわけにはいかないのが残念!

フランスの海外県でバニラの産地では(たぶんレユニオン島だったと思う)、コーヒーにバニラを入れる習慣があるのだそうです。一度ご馳走になったとき、本当にコーヒーの質が良くなった気がしました。

それをやってみようかな、とも思うのですが、私はコーヒーが好きなので、そういう邪道に見えることをするのに抵抗があってしていません…。

たくさんいただいたのは嬉しいし、バニラの風味は大好きなのですが、私はケーキなどは余り作らないので、持て余しています。


バニラビーンズの保存法は?

新鮮なうちは扱いが楽なのですが、乾燥してくると皮が固くなって、種を取り出すのが大変になってきます。

思い立って、バニラビーンズの保存法を探してました。

まず、冷暗所で保管するのが良いそうでした。

下のページではバニラシュガーを作る方法を紹介してくださっていました。☆ バニラビーンズの使い方

これは便利そう。バニラビーンズをもらえるようになるまでは、市販のバニラシュガーを買っていましたから。


アフリカから来た種たち

バニラビーンズの他にも、カゴの中には色々なものが入っていました。色々な香辛料とか、蜂蜜、コーヒーなど…。

面白かったのは、色々な南の国の種見本のようなもの。コーヒー豆、じゅずのような豆などは見たことがありますが、後は何だか分からないものばかり。

お土産

同じものをもらった友達と、「どうしようか?」と話しました。アフリカで育つような豆をフランスの土に捲いたって、育つわけがありませんから。それで、私たちは家に飾りにすることにしました。

友達の方はガラスの瓶に順に入れたのだそう。私は横型にしました。彼女の作品を写真に撮る機会があったら、私のと並べてご紹介します。

ところで、ピンクの花の刺繍があるテーブルクロスもお土産でした。

続く


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する