| Login |
2010/12/11

初冬のパリ旅行 その2


パリで一番ともいえる観光名所ノートルダム寺院。むかしは黒ずんでいたのに、最近はススを落としてたので美しい姿になりました。




長いこと工事中の足場がついていたので、私が生きている間はずっと工事中なのかと思っていたのですが。


クリスマス-ツリーの飾りつけ

大きなクリスマスツリーが立っています。寺院の正面に回り込んでみると、若い男性2人がツリーの飾りつけをしているのが見えました。

ひとりはサンタクロースの帽子をかぶっています。皆が注目してくれるのを上から見ながら仕事するのを楽しんでいる様子。

カメラを向けると、おどけてポーズをしてくれました。



もっと前に出てくれないとサンタクロースの帽子がよく見えないのだけれど、そう怒鳴っても聞こえそうもないくらい遠くにいたので諦める。


同じように登る仕事といっても…

前日のパリでは、こんな作業を目にしました。

 

同じように車から出した手に乗って作業するといっても、こちらはツリーの飾りつけのようには楽しくないでしょうね。

ところで、気がつかれましたか?
車のタイヤが宙に浮いているのです。

「不思議...」とつぶやいたら、一緒に歩いていたフランス人が「車が重心を失わないように固定しているのだ」と教えてくれました。

なるほど、よく見れば、三脚のような足が伸びて車を支えていました。

ちなみにクリスマスツリーの方は、それ専用のしっかりした車らしくて、こんな風に宙に浮かせてはいませんでした。

パリ滞在記は続きます


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: 四季、自然 | Comment (2) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
私は、毎年、書き込みに便利なANAのカレンダーをもらって使っているのですが、ちょうど12月は、このノートルダム寺院の前でクリスマスツリーがきらめいている夜景の写真です。素敵ですね。
11月が終わって、一枚めくって12月のカレンダーに変えたとき、もうじき4歳になる孫が見て、「きれいだねえ。ここに行きたいなあ。」と言いました。
私は、「じゃ、今年のクリスマスにこういうところに連れて行ってあげようね。」と約束。まあ、パリというわけにはいかないので、手近で、恵比寿のガーデンプレイスに連れて行こうと思っています。
2010/12/14 | URL | Saule  [ 編集 ]
v-22Sauleさんへ

ANAのカレンダー、きれいそうですね。このクリスマスツリーは夜景の方がずっと美しいのではないかな... と思っていました。ツリーは巨大なのに、一番はじめに入れた寺院をバックにした写真などは、ツリーが不釣り合いなほど小さく見えてしまいました。

パリのイルミネーションのことを書きながら、東京ではこういう風な住民サービスをしているのかな?... と考えました。パリ市役所の前にはアイススケート場もできるし...。恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションもきれいですが、あれも民間ですよね? フランス人は税金が高すぎると文句を言いますが、あちこちで「こういうところに使っている」というのが見えます。

お孫さんに恵比寿ガーデンプレイスが喜ばれるでしょうね。子どもの目には特に、イルミネーションの光が神秘的で魅力的に映るものなのだろうと思います。
2010/12/14 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する