| Login |
2010/12/15

シリーズ記事 【パリ滞在記 2010年冬(目次
その7
パリで見た奇妙なもの (3)の続き


前回の日記(クイズ: パリのレストランにいたワンちゃんは誰?)で出したクイズにお答えくださった皆さま、考えてくださった皆さま、どうもありがとうございます!

私は鈍くて、マダムから詳しく聞かないと犬の名前が日本語であるとは分からなかったのですが、皆さまはあっさりと解答を出してくださいました。

犬の名前は Hachiko でした。


フランス人はHを発音できない

フランス人はHを発音しないので、私には「アチコ」と聞こえてしまって、あの渋谷駅に銅像がある忠犬ハチ公のことだとは思いつかなかったのです。

やっと分かって、「"ハチコー" とHを発音するのだ」と言ったら、「私の発音が悪くて…」とマダムに謝られてしまいました。

ごめんなさい! フランス人から「発音が正しくないので分からなかった」と言われると、ひどく傷つくものです。でも、彼女は日本語を勉強しているフランス人ではないので大丈夫だったと思います。

フランス人がHを発音しないのは知ってはいるのですが、ついそのことを考えないで「何だろう?」と思うことがあります。「アリー・ポトゥール」と言われたときにも、すぐには分からなかったのを思い出します(ハリー・ポッターのことです)。

突然ある単語を言われると連想できない。何のことが予想ができるときは想像できるのです(いいわけ!)。ニュースで日本企業の話しをしているアナウンサーが、「イタチ」と言ったら「日立」のことだと理解できます。でも、イタチと聞きなれたから分かるのかな?...

ともかく、みなさまがすぐに分かったのに私が連想できなかったのは反省しないと! フランス人が外国の言葉を出したときに分からなかったら、まず母音にHをつけて考えてみる癖をつけようと思いました。


忠犬ハチ公

そのパリのマダムは、日本に行ったときにハチ公の話しを聞いて感動し、次に犬を迎えたときには絶対に「ハチ公」という名前にしようと決めていたのだそうです。


マダムに犬の名は「アチ」と言われて、秋田犬から「アキ」としたのかなと思いました。秋田犬は茶色だったはずなので違うと思ったのですが、秋田犬は白とベーニュの色なのですね。

ハチ公のことを調べてみたら、この犬は秋田犬だったことを知りました。
☆ Wkipedia: 忠犬ハチ公

このWikipediaのページはフランス語ページにもリンクしていました(
Hachikō)。



さらに、ハチ公のお話しを映画にした『Hachiko: A Dog's Story』というのもあったと知りました。
邦題は『HACHI 約束の犬』。

2009年のアメリカ映画ですが、フランスでも今年6月に公開されたようです。

でも、フランス語の題名では「実話に基づいた」とサブタイトルをつけて、「Hachi」で「公」はなしにしているようです。



その映画のフランス語バージョン:


このビデオを見たら、この映画は見たことがあったのを思い出しました。何語で見たかの記憶はないので、どこで見たのかは不明なのですが、飛行機の中で見るビデオだったように思います。

☆ cinenews Cinema: Hachi フランス語での映画紹介、ベルギーのサイトのようです)


けなげな犬

忠犬ハチ公のお話しはすっかり忘れていましたので、Wikipediaで実話のエピソードを読みました。

犬って本当に忠実なんですよね。

少し前、テレビで盲導犬の報道を見て感動していたところでした。忠実だし、賢いし、涙ぐましいほどけなげなのです。目が見えない人には生きる勇気を与える存在で、どんなに心強い相棒であるか…。


私は猫の方に共感を持つタイプです。猫の自分勝手なところが自然だと思って共感を覚えるので。それでいて、こちらを気遣ってくれるときもあるのですけれど。

テレビで見た盲導犬の訓練は興味深かったです。始めのうちは、全く自分勝手に行動していたのです。こんな子が盲導犬になれるとは信じられないくらいダメな犬。

人間の忍耐と努力のかいもあって盲導犬に育つようです。
でも、猫は、いくら訓練しても盲導猫にはなれないと思う...。

猫好きで有名なジャン・コクトーが言った言葉:
私は猫の方が好きだ。なぜなら、警察猫はいないから。


次は、またパリのお話しに戻ります。

- パリ滞在記の続きへ -


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



カテゴリー: 日本 | Comment (2) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
エイケ
私もフランス人の医者から、エイケの物語を知っているだろうといわれて「知らない」と答えたことがありました。のちに同じ医者から手紙をもらって、Heikeだったことを知り、な~んだ平家だったのかという次第。

また同僚に森さんと堀さんがいて、交換台が呼び出す放送が、ムッシュー・モリーとムッシュー・オリーで日本人はよく区別できませんでしたね。
2010/12/16 | URL | 豊栄のぼる  [ 編集 ]
Re: エイケ
v-22豊栄のぼるさんへ

エイケは私もお手上げだったと思いますね~。源氏物語を知っているフランスの知識人は多いですが、平家まで知っているとは想像しませんから。豊栄さんにもそういうご経験があったと聞いて、ほっとしました(笑)!

ムッシュー・モリーとムッシュー・オリーも紛らわしですね。Hを抜かれると全く同じ発音になってしまう苗字はもっと困りますね。菱田さんと石田さんとか...。Hを抜かされると変な名前になってしまうのも困る。イタチの宮穴子さまとか...。
2010/12/16 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する