| Login |
2011/05/19
今くらいの時期から、森の中の道の畔などに、ふんだんに咲く青い花があります。



フランスではアンコリーancolie)と呼ばれる植物。
学名はAquilegia vulgarisのようです。

日本語ではオダマキ
西洋オダマキは日本の野生の品種より背が高いのだそうです。


オダマキと聞くと、静御前を思い出します。

しずやしず しずのおだまき 繰り返し
むかしを今に なすよしもがな

おだまき(苧環)と呼ばれるのは、この花が昔の糸を繰る道具に似ているからだそうです。確かに似ているかもしれません。

フランスの野生のオダマキは、少し紫がかった青色で、中央に筒状の突き出した部分があります。花弁は5枚で、それが後ろに尻尾のように伸びています。

Aquilegia vulgaris Gaffard.jpg

下を向いて咲いているのですが、よく見ると美しい花。茎もしっかりしていて、背の高さ500センチくらいあります。いくらでもあるので、切り花にするのには最適。でも、家の中に飾っておくと、太陽の光がたりなくて色が薄くなってしまうのが残念...。

それで、庭に少し植えてみました。花が終わるとサヤに入った種がたくさんできるので、種が熟したころに切って、庭の空き地にばらまいていたら、どんどん増えました。

園芸店では色や形が少し違うオダマキを売っています。野生の青だけでは寂しい。それで、葉は野生のものと同じながら全く異なる花で、花弁がたくさんあって、ピンクと白のオダマキの苗を買って植えてみました。

こんな種類のオダマキでした ↓


色々な花になっていた!

去年は気がつかなかったのです。でも、今年、オダマキたちが咲きだしたのを見たら、びっくりしてしまいました。

野生のオダマキと、園芸店で買ったものとが交配したらしくて、1本1本違うかと思うほど、実に色々な花が咲いたのです!

それを写真に収めておこうと思ったのですが、あまりに色々あるので面倒。それに花は下を向いているので撮影が難しい。それで、種類が違うものを選んで花を摘み、水を入れたお皿に並べて写真をとってみました。



お皿の外に出ているのが、野生のもの(青)と、園芸店で買って植えたもの(ピンク)の原型をとどめている花たちです。つまり、これがお父さんと、お母さん。両方ともお母さんというべきか?…


写真が上手くとれなかったかと思ったので、翌日はお皿を変えて並べてみました。



様々な色と形になったオダマキを眺めると面白いです。2つの種類から、こんなに色々なバリエーションができるのですね…。

園芸を仕事にして品種改良をしている人たちは、楽しいだろうな...。ここのところ、毎日庭を歩き回って、違う色や形の花を探すのを楽しんでいます。


実は、尻軽花だった...

オダマキについて少し調べてみました。

この植物は自然交配しやすく、雑種ができやすいのだそうです。なあんだ、私の庭で奇跡がおこったかと喜んでいたのに...。

静御前の義経に対する純愛を思い出させる名前がついていた花なのですが、とても身持ちの悪い尻軽花なのだと書いてあったので笑ってしまいました。

確かに、庭には色々な花が咲きますが、こんなに色々な花を作り出してしまう植物はほかにはありません。


市販するときには名前をつけている

勝手にできてしまった花たちなので、名前がない。園芸店ではどんな名前をつけているのか探してみました。

市販されているオダマキには色々な花があるのですが、私は2種類のオダマキを植えていただけでほとんどできてしまったのではないかという気がします。

私の庭に咲いたのには、真っ白のもあるし、淡いブルーのもあるし、花弁が両親に似ていないのもできています。全部に名前をつけてあげる必要はないし、きりがないので、同じ花を探すのは途中で放棄しました。

来年はもっと違った花ができるのかな?... 楽しみです。



追記(2016年5月):

いつの間にか5年の歳月が流れ、私のオダマキの種類は増え続けました。1本1本が違う花の形をしているという感じ。

眺めてみて気がつくのは、野生種の青紫の花のまま残っているのは非常に少なくて、どれもが園芸店で買ったピンクと白の八重の花の影響を受けているという感じです。形の上でそうなったか、色の上で似てきています。

オダマキの名前をいただこうかと、市販されているオダマキの中から、私のところで出来てしまった品種を並べてみます。



もっと色々な形の花ができているのですけれど...。


これから出来る可能性はないかなと思われるのは、こういう花:






にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



カテゴリー: 植物 | Comment (4) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
おもしろいですね♪
はじめまして。
ワインについて調べていて、辿り着きました。
お花も大好きです。

苧環おもしろいですね~。
今度作ってみようと思います。

楽しいブログで、どの記事も大変面白いです。
ちょこちょこ お邪魔させて頂きます。
2011/09/03 | URL | ゆき  [ 編集 ]
Re: おもしろいですね♪
v-22ゆきさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。気が向くままに書いているブログなので、気に入ってくださったと聞くととても嬉しいです♪

放っておくだけでできてしまうオダマキの交配は面白いです。色々な花ができていることに気がついたのは今年なので、始めの2、3年は静かで、少しするとエスカレートするのかもしれないという気もしますが、ぜひお試しくださいね♪
2011/09/03 | URL | Otium  [ 編集 ]
ここにコメシてきずいていただけるでしょうか、、
(心配、、、)
この野生のオダマキ、、
一番素敵〜

ずいぶん前に せいようオダマキの
混合タネをうえたら この青いのが混じっていて、、(この写真のは 花びらの先がチョット黄色?)
まったく 青いろばかりの オダマキで
とても気に入ったのですが
タネを取っとけば良かったのに 、、
消えてしまった、、
野生で 群生しているなんて 素敵ですね〜
うらやましいな〜

なにしろ わたしは 青いろの 花が大好きで、、
青い物ばかりあつめる 鳥  ご存知ですか?
わたしは 鳥並みです〜  (^^)/
2016/05/31 | URL | katananke 05  [ 編集 ]
Re:
v-22 katananke 05

>この野生のオダマキ、、 一番素敵〜

改めて、どういうオダマキが日本で市販されているのか眺めたのですが、こういう原種は市場に出ないみたいですね。雑草とはいえ、かなり繊細な形をしているし、花の先っぽの色が変わっていたりして、かなり凝っているのですけど。

>タネを取っとけば良かったのに 、、 消えてしまった、、 野生で 群生しているなんて 素敵ですね〜 うらやましいな〜

土地に合っているのでしょかね。私の庭のは、種の採取なんかしないで、いい加減に扱っているのですが、種がこぼれるので毎年生えてきます。

青い原種のがお気に召したのなら、種ができる時期に採取して封筒に入れてお送りしたくなったのですが、日本に持ち込むのは種でも植物検疫証明書を取らないといけないのですって。確かに、外来種が環境破壊をもたらしたりするので、厳しい制限をしているのは分かる...。

>青い物ばかりあつめる 鳥  ご存知ですか?

知らなかったので探し出して、動画まで眺めてしまいました。面白い鳥ですね...。メスに気にいってもらえるように努力しているのでしょうけど、動物はオスが本当にけなげな努力をしている。人間も見習ってほしい!

近所にいるマダムが、白い花が好きだと言って庭に白い花だけ植えています。好みがあるので口だしはできませんが、2ヘクタールのお庭に白い花だけというのは、ちっとも美しくない、と私は思ってしまいます。

青い花は美しいですよね。特に野生の小さな青い花には、やたらに好きなのが幾つもあります。

下は、フランスの野生植物で青い花のリスト。2ページありますが、ごく一部しか入っていない...:
http://sandrinephotos.wifeo.com/fleurs-sauvages-violettes-a-bleues.php
2016/05/31 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する