| Login |
2008/08/06
もう新ジャガがとれる時期なのですね。家庭菜園で育ったジャガイモを持ってきてくれた人がありました。


フランスのジャガイモの売り方

フランス人は、ジャガイモを年に一人当たり70キロ近くも食べているのだそうです。

確かに、スーパーなどでは大きな袋に入れられたジャガイモが売られています ↓

スーパーのジャガイモ売り場

下は農産物直売所で売られていたジャガイモの袋 ↓

日本でも、こんなに一度に買う人がいるのでしょうか?・・・

こういう大きな袋に入っているのは安いジャガイモ。高めの値段がついているジャガイモは秤で売るようになっていて、1キロとか2キロとかで買います。

去年は雨が多かったので、ジャガイモのできが悪かったそうで、長く保管できないからたくさん買い込まないようにと言われていました。

つまり、ジャガイモは雨が多い国で生産するのには適していないのでしょうね。


フランスのジャガイモが好き

フランスのジャガイモはホクホクしていて大好きです。

庶民的なレストランに行くと、付け合わせの野菜はフライドポテトにするか、インゲン豆にするかというチョイスになっていることがよくあります。私は迷わずフライドポテトを注文しています。

フライドポテトは家庭でも作るので、日本の電気釜のように見える器具が売られています。

 


別にフライドポテト専用の電化製品ではないのですが、フランスではそれほど揚げ物料理がないので、他に何に使うのだろうと思ってしまいます。

と思ったら、さすがメーカーでは、フォンデューでも使える形を作って売っていますね。


日本で出会った「インカのめざめ」

フランスに比べると、日本のジャガイモは、いまいち・・・。日本は土壌が肥えているし、雨が多いのが原因ではないでしょうか? ジャガイモって、貧しい土地のための作物ではないかと思う・・・。

楽天市場で売られているジャガイモを検索してみたら、たくさん出てきました: ジャガイモ

でも、おもな品種は、男爵イモ、メイクーン、インカのめざめ、キタアカリ、レッドムーンだけ。

この冬に帰国したとき、築地の青果市場でインカのめざめを見つけて食べたら、水っぽさがないところはフランスのジャガイモに近い♪ と感激しました。

フランスでは何という品種なのかと思っていたのですが、日本で改良された品種なのだと学びました。そういえば、食べてみたときサツマイモに近いな、とも感じたのでした。

インカのめざめは高級ジャガイモだそうですが、フランスの高級なのは上にリンクしたお店のよりもっと高いです。


フランスのジャガイモは豊富

フランスには実に色々なジャガイモの品種があって、それぞれがどの料理に向くかというのもはっきりしています。皮の色も、白っぽいの、黄色いの、赤いの、紫の・・・ と豊富。

下は、高級食料品店に並んでいた、いろんな色をしたジャガイモ ↓

高級食料品店の店先

私がよく買うのは、右上の紫色のを除いた3種類のように思います。

ジャガイモの写真をコレクションして分類してみようと思っているのですが、余りにもたくさんあるので実現していませんでした。

ところが、先日の日記でフライドポテトのことを書いたら、妙にジャガイモについて調べたくなりました。


フランスで食べられているジャガイモの種類

フランスにはどんな品種の名前があるのか、調べてみました。
まず、私が知っていて買うジャガイモの品種:
好きでよく買うのは、Charlotte、Belle de Fontenay、Ratte。
Île de Ré(AOCを持ったジャガイモ)は有名なジャガイモですが、恐ろしく高いので、買ったことがあるという程度です。

その他、品種名なんかは影に隠れている、どうということのないジャガイモとか、赤い皮のジャガイモをよく買います(Chérieという品種だったかな?)。

紫色の皮をしたジャガイモは、なんだか食欲をそそられないので買ったことがありません。

最近発見して気に入っているのは、どんな料理でも使えるMonalisa。モナリザという名前が気に入ってしまったのかも知れません。ベルギーの品種だそう。

フランスのサイトでジャガイモの品種を調べたら、次のものが出てきました。

生産量が多いのは次の20品種:
Bintje、Spunta、Charlotte、Kaptah-Vandel、Monalisa、Agata、Amyla、Amandine、Kardal、Atlas、Safrane、Nicola、Caesar、Elodie、Marabel、Franceline、Innovator、Lady claire、Chérie、Daisy。

その他、次の品種も出てきました:
Ambo、Balmoral、Belle de Fontenay、BF 15、Bleue d'Auvergne、Bonnotte de Noirmoutier、Coliban、Corne de gatte、Cwène di gâte、Delaware、Désirée、Estima、Fin de siècle、Fine de ratte、Ratte、Jersey royal、Juliette、King Edward、Kipfler、Marfona、Maris Bard、Nadine、Patrone、Pentland javelin、Picasso、Pink eye、Pink fir apple、Pompadour、Pontiac、Purple congo、Romano、Roseval、Russet burbank、Salad blue、Sebago、Truffe de Chine、Vitelotte(紫色の皮)。

フランスで栽培されている主なジャガイモの種類別にした畑の面積比較:
Les chiffres clés de la filière française
それぞれの品種の説明もあって、写真を見ることもできます。



ブログ内リンク:
★ grenailleと呼ぶジャガイモ: 久しぶりに行ったレストラン 2013/07/04
★ 目次: 食材と料理に関して書いた日記のピックアップ

外部リンク:
Pomme de terre : 33 variétés, leur culture, leurs utilisations
Plus de 100 variétés de pommes de terre


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
ジャガイモ生活!
こんなにたくさん、ジャガイモの種類があるんですね~!
これだけあったら、試しがいがあって私のジャガイモ生活も楽しくなりそうです。(笑)
とにかく、フランスのジャガイモは日本よりも安くて美味しい!
ジャガイモのコロッケが日本のようにお肉屋さんやスーパーにあるとうれしいのになぁ~~。。。
2008/08/06 | URL | pepe犬  [ 編集 ]
Re: pepe犬
v-22pepe犬さんへ

ジャガイモを料理によって選ばなければならないのは面倒ですけれどね。日本にいるときは、ジャガイモを1種類買っておいておくだけですけれど、フランスでは最低でも2種類くらいは常時おいています。

コロッケ、いつか作ってみたいなと思っています。残ったパンでパン粉を作るのが妙に気に入っているこの頃なので♪
2008/08/07 | URL | Otium  [ 編集 ]
トマトも南米の荒蕪地が原産で、貧しい土壌でがんばって甘く育つときいたことがあります。
2008/08/07 | URL | Saule  [ 編集 ]
v-22Sauleさん

トマトもそうですか。そういえば、雨ばかりだった去年は家庭菜園のトマトがちっとも育ちませんでした。

作物って、肥沃な土地が良いのだとばかり思っていたのですが、ブドウも、貧しい土地で良いワインができるのが育つのですよね。世の中、うまくできているものです・・・。
2008/08/07 | URL | Otium  [ 編集 ]
じゃがいも
知り合いに、フランスの家庭に招待された方がいて
どの料理が一番おいしかったですか?と聞いたところ
「じゃがいも!」
と答えたのでよっぽどおいしかったのだな?と思いました。
それから私は、ジャガバタをアレンジしてメイン料理にしています。
作り方はジャガイモをよく洗って皮ごと2センチの輪切り、
フライパンにローズマリー、油、ジャガイモを塩コショーして
弱火でふたをして片面焼き、裏返してバターを入れてさらに弱火
火を止めて出来上がり!
めちゃおいしいメイン料理になりました。ポイントはローズマリーです。。。
ブログ「ラビーノdeアーレコーレ」検索できるようになりました
遊びに来てください
2014/08/01 | URL | フランス大好き  [ 編集 ]
Re: じゃがいも
v-22 フランス大好きさんへ

やはりフランスのジャガイモが美味しいという印象を持たれた方がありましたか。色々な種類があるので、料理によって使い分ける必要があるのですが、それだけに美味しさが出ます。

フランス人にジャガイモをメイン料理で出すことはできないのですが、その材料だけで美味しくできあがるのは、ローズマリーと、バターを後半に入れるからなのでしょうね。私もジャガイモ料理でリーズマリーを使ってみようと思いました。私がジャガイモのソテーを作るときに使うのは、フォアグラ鴨のラード(カラリとできあがって、風味も付く)を使って、ニンニクも入れていました(新ニンニクが手に入る時期は、皮のまま)。

フランス大好きさんのブログを見つかりましたので、PCのお気に入りに入れました♪
2014/08/01 | URL | Otium  [ 編集 ]
ジャガイモの研究
こんにちは、私は子供産直でジャガイモを担当します。フランスのおいもでは赤いシェリーを育てています。
お値段のことですが私のじいちゃんがパリで取ってきた写真では1キロ1.8ユーロとありました。
◆フランスのジャガイモは豊富の写真では、4.85ユーロとありますが、量は1キロでしょうか、4キロでしょうか、教えてください。 それと、育て、子供の店、お客さんへの説明の研究でお値段の入った写真を使います。この4種類の写っている写真を使わさえてもらいたいのですが。お願いします。
2016/03/04 | URL | ゆいこ  [ 編集 ]
Re: ジャガイモの研究
v-22 ゆいこさんへ

>フランスのジャガイモは豊富の写真では、4.85ユーロとありますが、量は1キロでしょうか、4キロでしょうか、教えてください。

1キロの値段です。ただし、この値段が付いているのはラット(ratte)という種類で、普通のジャガイモより高額です。この写真をとったのは10年も前なので、今はどのくらいで売っているのかと思って検索してみました。

スーパーで1キロ2.5ユーロ、一つの店では5.39ユーロというのが出てきました。ずいぶん差があるのですね。ラットも、生産地で値段が異なるはず。ratte du Touquetというのはもっと高いのかもしれません。

フランスで普通のジャガイモは安いです。1.8ユーロというのが普通の値段かもしれませんね。写真アルバムを見たら、1キロ0.5ユーロなどというのも写真を撮っていました。

ご連絡先を入れていただいているのでメールします。
2016/03/04 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する