| Login |
2006/11/13
フランスはパンが主食なだけに、パンに関する法律が存在しています。余りはっきりされるとパン屋さんの方では困るわけで、なんだかよく分からないように工夫しているとさえ思えてしまいます。

バゲットのように見えるパンも、店によって色々な名前をつけているので複雑です。

フランスでおいしいパン屋さんを選ぶには、かなり決定的なことがあります。それに関することをクイズにしてみます。

パンを売っているお店の写真を2枚入れますが、どこに違いがあるのかコメントでお答えくださいますか?

「違うパン屋だということ以外で」、と断っておかなければならないでしょうね。

写真1:



写真2:



いつもクイズを出すときには欲しい答えを想定してしまっているわけで、それが見えなかったら何を聞いているのかも分からないと思いますが、お許しください!

私が期待している解答は、こういうものです:

こちらは○○で、こちらは○○ではない

フランスに住んでいらっしゃる方には簡単すぎて、つまらないクイズだと思われるでしょうが、ご存知なかったら「へえ~?!」という答えがあるのです。

クイズの答えに関係する法律があるわけなのですが、フランス人でも気にしていないのではないかなという気もしています。


★ 楽天市場でフランスパンを検索

いやあ、いっぱい出てきました...。

パン作りの材料まであります。日本では家庭でパンを焼く方が多いのでしょうか? フランスではめったにする人はいません。

ただし、昔のパン焼き窯で料理をつくったパーティー 【その1】(2005/10/09)でパンを焼いたときのことを書いたのですが、こういうことを村のイベントとしてやることはよくあります。


クイズの解答のページ:
フランスでは、パンを売っているのにパン屋の看板を出せない店もある



ブログ内リンク:
★ 目次: パン、パン屋、昔のパン焼き窯など
★ 目次: クイズを出した記事一覧
総目次: テーマおよび連続記事ピックアップ


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村



カテゴリー: クイズ | Comment (12) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
Re:クイズ: フランスのパン屋さんを見分ける方法(11/13)
う~ん、気にしたことがなかったですが、イメージで話すと



上の写真:Pains、Patisseriesより下の写真:Boulanger、Patissierの方が美味しいパンが食べられそう。

理由:上の写真のパン屋はチェーン店風で、どこかの工場から出来たパンが配達されて売っている感じ。pasins=パン、patisseries=お菓子って食べ物の固有名詞だけで手作り感が無いかな。下の写真は職人さんがその場所で焼いて売っているよう。BoulangerもPatissierもパン職人、ケーキ職人って人を表現してる。



でも、日本に住んでいる私にとってはどっちも美味しいですけどね。NATASIAはB級グルメです。お腹が空いていると何でも美味しい(*^O^*

空腹は最高の調味料です!!
2006/11/14 | URL | NATASIA  [ 編集 ]
Re:クイズ: フランスのパン屋さんを見分ける方法(11/13)
ブルゴニッシモさん、ボンジュール、こんにちは!

上の写真がパン屋さん、下がお菓子屋さんかなと思ったのですが、NATASIAさんのお答えをカンニング(笑)して、あ、そーかー、じゃ違うかな…。解答楽しみに待ってます。

あさってから勝沼のぶどうの丘というところに行ってきます。カツヌマヌーボーを飲んでまいります。
2006/11/14 | URL | chiaki  [ 編集 ]
【Re】NATASIAさんへ / クイズ: フランスのパン屋さん
>上の写真より下の写真の方が美味しいパンが食べられそう。

理由:上の写真のパン屋はチェーン店風で、どこかの工場から出来たパンが配達されて売っている感じ。



⇒ 私も店構えからして下の店の方がおいしそうに感じます。上はご推察のとおりフランチャイズで、工場で作られたパンが来るのですが、たぶん店先で焼き上げていると思います。それで良い香りがしてくるのではないかな。けっこうたくさんの人たちが買っています。従って「こちらは○○で・・・」という文章を作るとき、○○を「美味しい」という風には決めつけられないのです。



>pasins=パン、patisseries=お菓子って食べ物の固有名詞だけで手作り感が無いかな。下の写真は職人さんがその場所で焼いて売っているよう。BoulangerもPatissierもパン職人、ケーキ職人って人を表現してる。



⇒ 鋭いご観察です。そこから一歩進めると、私が期待している解答が出てくるのです。



>お腹が空いていると何でも美味しい(*^O^*

空腹は最高の調味料です!!



⇒ そうですね。それと、どういう雰囲気の中で食べるかにもよると思われませんか? 仕事のための食事の席では、いくらご馳走を出されても私は全く美味しいとは感じません!

2006/11/15 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
【Re】chiakiさんへ / クイズ: フランスのパン屋さん
>上の写真がパン屋さん、下がお菓子屋さんかなと思ったのですが・・・



⇒ わあ! そうではないのですが、こういう文章をお待ちしているのです♪



>あさってから勝沼のぶどうの丘というところに行ってきます。カツヌマヌーボーを飲んでまいります。



⇒ カツヌマ・ヌーボー、いいですね♪ ワインのヌーボーは何もボージョレーだけができることではないのですもの! 楽しんでいらしてくださいね♪

2006/11/15 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
ん~~~~っ
ん~~~~~っ、むずかしい。。。

ちょうど、いろんなパン屋を探検しようという気にようやく(?)なったので、とてもこの答えが気になります~!



上のお店のパンは粉からこねずに工場で作られた物(冷凍状態などにして運ばれ)を、仕上げるだけのお店で、

下のお店は職人がお店にいて粉から成形、発酵させお店独自のレシピを持つお店。



かな~~~?



NATASIAさんと同じような意見です。が、「粉」をこねるところからやるかどうか…の違いがあるように思ったのですが。。。

フランスにいてもあまりパンに関心がなかったので反省モードです。。。(涙)

2006/11/15 | URL | pepe犬  [ 編集 ]
【Re】pepe犬さんへ / ん~~~~っ
>上のお店のパンは粉からこねずに工場で作られた物(冷凍状態などにして運ばれ)を、仕上げるだけのお店で、下のお店は職人がお店にいて粉から成形、発酵させお店独自のレシピを持つお店。



⇒ そう、そう、正にその通りなのです! その店独自のレシピは必要ないのですが。またクス玉の絵なんかを張らせていただくには、「それで・・・」という続きが欲しいのです。



>ちょうど、いろんなパン屋を探検しようという気にようやく(?)なったので、とてもこの答えが気になります~!



⇒ このクイズは、答えが何であるか知っていらっしゃる方にはバカバカしいことだし、ご存知ない方には思いもよらないことかも知れないので、解答が出るのは待たないで続きを書くことにします。次の日記に載せるのでご覧くださいね♪ でも、あと一歩だから、Pepe犬さんの解答を待った方が良いかな?・・・ でも写真2に入れるべき適当なパン屋の写真がなかったので、クイズにするには不味かったと思っています。



続きを書き始めたら、Pepe犬さんのブログにあったパンを「ポワンチュ」という名前で売っている写真を持っていたのを発見しました。パリのお店のではなかったのですが。それを出すときには、Pepe犬さんの日記をリンクして紹介させてくださいね。



>フランスにいてもあまりパンに関心がなかったので反省モードです。。。(涙)



⇒ pepe犬さんのブログでポワンチュに再会してから、パン屋の話を書きたくなってしまいました。



実は、数年前から、フランスのパンはどうして不味くなったのかが気になってしまって、折に触れて調べていたのでした。知人からの便りに、久しぶりにパリに行ったらホテルのパンが不味いので驚いたと書いてあったので、私だけの感想ではないと思ったのでした。



「どうして不味いパンが多くなったの?」などという素朴な疑問から、面白い事実が出てきたのですよ~。

2006/11/15 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
くす玉までの長い道のり
「上の写真の方はフランス産の粉を使っていないが、下はフランス産の粉を使っている」

もしくは

「上は一定期間保存した粉を使用し、下は出来立ての新鮮な粉を使用している」???



スイスのパンはまずいという話がありますが、理由は有事の際の食料を確保するために食材を一定期間保管し、古くなったものから市場に放出するって聞きました。これも同じかな、なんて思ったりして。



>「どうして不味いパンが多くなったの?」などという素朴な疑問から、面白い事実が出てきたのですよ~。



すみません。ここで話を切るのは止めてください。気になってしまいます。蛇の生殺しだー!!

2006/11/15 | URL | NATASIA  [ 編集 ]
Re:クイズ: フランスのパン屋さんを見分ける方法(11/13)
大好きな パンに反応してしまった!

たしか

フランスでは、バゲットの長さ、重さ、価格が

法律で決められている。

それに、レストラン同様 料金表が

表に出ていないといけないと決められていたかな、、?

とすると、上の写真には料金表とも思えるボードがあるので、

でも、、

「こちらは○○で、こちらは○○ではない」

にはあてはめる言葉がおもいつきません。

それに、何度かはフランスでパン買ったけれど

店により価格も大きさもバラバラだったなああ。



明日の朝が待ち遠しい

今日買った香ばしい香りのパン

早く食べたい。

そう、日本では 家のスグ近くに朝からやっている

パン屋がないに 等しく、、、。

さて、答え なんだろ、楽しみです。





 
2006/11/15 | URL | Romarin  [ 編集 ]
【Re】NATASIAさんへ / くす玉までの長い道のり
次に入れる日記の文章が完成できないでいる間に、さらなることを考えてくださって、どうもありがとうございます!!!



>「上の写真の方はフランス産の粉を使っていないが、下はフランス産の粉を使っている」もしくは「上は一定期間保存した粉を使用し、下は出来立ての新鮮な粉を使用している」???



⇒ こういう区別があっても良いですよね。今の私は、日本のお米をフランスに輸出したいというところのお世話をしているのですが、同じ主食でも、パンとお米は全く違う! と思い始めているところです。ご指摘の点、おもしろいと思いました。新米と古米のような区別は、フランスでは消費者には明確にされていないと気がつきました。



クイズを出すときには、勝手に「これが解答だ」と思うものを想定して書いているのですが、私が思いもつかなかった角度を示すコメントをいただくことが多く、逆に色々と教えていただいてしまうので感謝しています。



>スイスのパンはまずいという話がありますが、理由は有事の際の食料を確保するために食材を一定期間保管し、古くなったものから市場に放出するって聞きました。これも同じかな、なんて思ったりして。



⇒ 永世中立国であろうとするスイスは、日本人が考えるような甘い平和主義ではなくて、もっとシビアな努力で可能にしているのだと聞いたことがあります。パンについても、ありえることですね! スイスの食料自給率は日本ほどには低くはありませんが、かなり悪いことを深刻に受け止めているのだ、とシンポジウムで一緒になったスイスの農水省の方がおっしゃっていました。十分ありえることですね・・・。



>ここで話を切るのは止めてください。気になってしまいます。蛇の生殺しだー!!



⇒ わあ、期待してくださいますか?♪! なんとか文章を纏めてみますね♪

2006/11/15 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
【Re】Romarinさんへ / フランスのパン屋さんを見分ける方法
>フランスでは、バゲットの長さ、重さ、価格が

>法律で決められている。



⇒ ちゃんとは調べていないのですが、少なくても特定のパンには規定があるのは確かなようです。



>レストラン同様 料金表が表に出ていないといけないと決められていたかな、、?



⇒ どこのパン屋にも料金表がありますが、表に出す義務はないと思います。パン屋さんの中に入ったところでいつも見かけますので。



>上の写真には料金表とも思えるボードがあるので、



⇒ 気が付いてみると、ここは外に出していますね。



>何度かはフランスでパン買ったけれど

>店により価格も大きさもバラバラだったなああ。



⇒ 日本でいう標準米のような規定の値段のパンは必ずなければいけないけれど、それ以外は自由ということになっているそうです。



>さて、答え なんだろ、楽しみです。



⇒ クイズにしてみてしまったものの、「○○です」という答えを書いたら、余りにも単純すぎるものなので、「なあんだ!」とお叱りを受けてしまうかも知れない、と気が小さくなってもいます・・・。

2006/11/15 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
再び、ん~~~~~っ
「それで…」の続きがあったんですね。

何だろう????きゃ~誰か~~、助けて~~!(笑)

次の日記がすっごく気になりますので、私の解答を待たずにお願いしますね!

皆さんと同様、フランスのパンが不味くなったことを知りたいです!



私のブログでよかったらリンク、いつでもOKです!こちらこそ、ありがとうございます。
2006/11/15 | URL | pepe犬  [ 編集 ]
【Re】pepe犬さんへ / 再び、ん~~~~~っ
>「それで…」の続きがあったんですね。



⇒ あっさり、「なあんだ」と解答が出るかなとも思ったのですが・・・



>何だろう????きゃ~誰か~~、助けて~~!(笑)



⇒ いつも悩ませてしまってゴメンなさい。やっと続きを書き上げたので入れましたので、よろしく♪ お話しの半分までですが。



こんがらがったことをブログで書くのは難しいです。長々と書くわけにはいかないので。この説明で通じるだろうかという不安が残ります。

2006/11/16 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する