| Login |
2006/12/01
先日会った人に「パリには変な日本料理を出すレストランがたくさんできた」と話したら、「ニューヨークと同じね」と言われました。アメリカによく行く人なのです。

本物の日本料理を知らない外国人には、「日本料理」と書いてあるアジア風の店なら日本食レストランだと思ってしまうので、本物でなくても入ってしまうのでしょう。だいたいにおいて、日本人が海外でお店を経営していると、ちょっと行けないくらいのお値段になっているので、安ければ日本料理を食べたい人が入る。

そもそも、フランス人にとって、日本料理が中華料理と全く違うという認識は非常に低いように感じています。日本という国だって、中国大陸のどこかにあるのかと聞かれることがあるのですから!

海外にある日本食レストランの中には、本物の日本食を出していないところがある、ということが問題にされてきたようです。


◆日本の農林水産省が動き出した

先月、gooニュースに「海外でも正しい日本食を 農水省がレストラン認証制度」という記事がありました。

農林水産省は2日、海外で営業している日本食レストランの認証制度を07年度に創設すると発表した。日本の食文化や食材の普及が狙い。料亭経営者や料理研究家、食品関連産業の代表者などで有識者会議をつくり、認証方法などを検討する。和食ブームで世界各地に日本料理店があるが、日本食とかけ離れた食材や調理法を使う店舗もみられ、認証で正しい情報を広める考えだ。


農林水産省のHPを見ると、「海外日本食レストラン認証について」というページができていました。

海外においては、日本食レストランと称しつつも、食材や調理方法など本来の日本食とかけ離れた食事を提供しているレストランも数多く見られます。
このため、海外日本食レストランへの信頼度を高め、農林水産物の輸出促進を図るとともに、日本の正しい食文化の普及や我が国食品産業の海外進出を後押しすること等を目的として、海外における日本食レストランの認証制度を創設するための有識者会議を設置します。


本物の日本食を明らかにしようというのは良いことだけれど、農林水産省が音頭をとってしまうというのは少し抵抗を感じます・・・。

このニュースを見て思ったのは、日本食よりも世界に広がっているフランス料理のこと。フランス政府がフレンチ・レストランに認証制度など適用しようとしたら、もうどうしようもないくらい大変ですよ!

日本が日本食レストランを評価しようとできるのは、まだレストランがそれほど多くないからなのか?・・・ 現在のところ、海外にある日本食レストランは2万軒くらいなのだそうです。


◆すでに、パリでもニセ日本食レストランを区別しようとしている

最近のフランスでは、日本食ブームには目を見張るものがあります。

パリなどでは、日本食レストランが竹の子のように生えてきています。最近では、地方にも飛び火してきてきました。

ところが、私たち日本人が店の前立っただけでも異様な印象を受けたり、食べたりしてみると「これが日本食!」と思う料理が出てくるレストランがたくさんあるそうです。

パリにある日本食レストランの8割は東南アジア系の人が経営しているのだとか聞きましたが、そのくらいの割合だろうなと感じています。

昔は、パリで日本食を食べるとなるとオペラ座界隈と決まっていたのですが、今は地域が広がっています。カルチェ・ラタンにも無数にあるし、バスティーニュのあたりにもかなりあります。

店の入り口に、中国風の漫画で日本の着物を着ている女の子のシールなんかが張ってあるのを見るのは余り楽しい気はしません。

私が本物でない日本食を食べたのは、パリと地方を合わせて合計4回くらいだけですが、ブログでも「パリの日本レストランに連れて行かれて・・・」で書いていました。

なかには酷いのがあります! パリに住む日本人は、そういうマガイ物の日本食レストランを「ニセジャポネ」と呼んでいるらしいです。

今は日本食ブームだけれど、こんなものをフランス人たちが食べていたら、すぐに日本食には見切りをつけるのではないかと思う。そういうのを何とかしなければいけないのではないかと思っていたら、パリのジェトロが日本食レストラン推奨制度というのを始めると聞きました。

良いことではないか! と喜んだのですが、フランス人たちがそれを参考にするかどうかは疑問です。なぜって、ニセジャポネは安いのですよ~!

★ジェトロ・パリ・センターHP:
 - お知らせ: 日本食レストラン推奨制度が実施されます
 - Le système de recommandation des restaurants japonais
 - Le Figaro 仏語ニュース

推奨を受けるための基準」を見たら、「日本語ができるスタッフが1人以上いる」とか、「料理メニューに正しい日本語が並記されている」というのが、必須条件ではないけれど、ポイントになるようです。

この2つの項目の条件を満たしていないと、5ポイントマイナスされてしまいます。50点満点の採点ですから、かなり大きいですね。

おもしろいな...。日本のフレンチ・レストランのメニューに変なフランス語が書いてあるなんていうのは、よくあることですよ。フランス人は母国語にこだわるというけれど、日本人の方が上かも知れない!

日本でフレンチ・レストランを経営している人が、「お宅はフランス語を話すスタッフがいないから点数が下がります」なんて言われたら憤慨しませんか?...

もっとも、どの段階話せれば良いのかは明確ではないみたいです。「こんにちは」と「ありがとう」くらいで良いのかしら?...

でも、これって、外国人には全く必要ないことです。ということは、この推奨制度は日本人のために作るということになりますよね?...

ニセジャポネの日本食レストランというのは、店の前に立ったり、ちょっと顔を覗かせたりしただけで、日本人には何となく分かるのですよ。

むしろ、そういう鼻がきかないフランス人が変な料理を食べて、それが日本料理だと誤解しないために認証制度を作ってもらいたかったな...。

農林水産省の方は、どんな基準を作るのでしょうか?...

料理が世界に広まったら、どうしてもニセモノと呼びたくなる店があるのは仕方ないのではないかな...。まだ出会ったことはありませんが、かえって現地アレンジがおいしくなったりすることだってありえるのだし...。

こんなの日本料理じゃない! と怒りたくなる気持ちは非常によく分かるけれど、それを国があげてやってしまうのは怖い気がしす。なんだか「相撲の土俵に女性は乗ってはいけない」式のアクションに見えたりもしてくる...。

ブログ内リンク:
★ 目次: フランスの日本食ブーム


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
おもしろいですね
私も海外によく行っていた頃でも、色々な主要都市で、偽日本食レストランに遭遇しました。

パリではまともな日本食レストランはとっても高級ですものね。

でも、偽でも、お弁当やおにぎり、丼物なんかが安いと、旅行者にはとっても嬉しかったりするので、この辺りのメニューが簡単に手に入るようになっているなら歓迎なんですが・・・・。



それにしても、認定制度なんて気にして利用するパリジャンがどれくらいいるのだろう・・・?
2006/12/01 | URL | れいれい0121  [ 編集 ]
Re:農林水産省が海外日本食レストラン認証に動き出した(12/01)
そういえばガイドさんは(ここは中国人の日本料理やさん・・)(ここは 東南アジア系の・・・)と言っていました。 海外では日本食は絶対食べないようにしていますから、なお食べて見たかったです。
2006/12/01 | URL | HappyHoppy  [ 編集 ]
【Re】れいれい0121さんへ / おもしろいですね
>パリではまともな日本食レストランはとっても高級ですものね。



⇒ フランス人たちに受けているのも、そこが大きいと思います。もし日本人経営のレストランばかりだったら、こんなに和食がポピュラーにはならなかったと思います。



>偽でも、お弁当やおにぎり、丼物なんかが安いと、旅行者にはとっても嬉しかったりするので、この辺りのメニューが簡単に手に入るようになっているなら歓迎なんですが・・・・。



⇒ 旅先で疲れて食欲がないときなどは、高いお金を払って本格的な料理を食べる気はしない。異の具合が悪ければ、和食の方が消化が良い。安く和食を食べられるレストランが観光地にあるのは悪くないですよね。



>認定制度なんて気にして利用するパリジャンがどれくらいいるのだろう・・・?



⇒ ほとんど無視されるのではないかしら? 私からしたらニセモノと思える料理を「おいしい」と本気で言っているフランス人たちがたくさんいますから。彼らにとって「おいしい」なら、それに水をさすようなことはしなくても良いとも思います。第一、日本にだって、嘘みたいに不味い日本料理がたくさんあるんですから! 国をあげてメクジラ立てなくても・・・ と思ってしまいます。

2006/12/01 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
【Re】HappyHoppyさんへ / 日本食レストラン認証
>そういえばガイドさんは(ここは中国人の日本料理やさん・・)(ここは 東南アジア系の・・・)と言っていました。



⇒ 外国に住んでいると、変に愛国心を持ってしまうのです。この日記を書きながら、私もそれで「これは・・・」とやってしまうのではないかと思いました。



>海外では日本食は絶対食べないようにしていますから、なお食べて見たかったです。



⇒ 私も外国旅行したときは同じ主義です。本物を食べるのと違って、興味深くなりますものね。「結構食べられるではないか。ここは日本人経営かな?・・・」などと思っていると、デザートに杏仁豆腐なんかが出てきて、「あれ~!」となったことがあったのを思い出しました。この次はお試しくださいね♪

2006/12/01 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
なんちゃって日本食!
ニセジャポネのお店は多いですよね~!

「すし」と書くだけで「日本食」と思っている人が多いせいか、パリではおかしな看板をよく見かけました。

日本人だとこうは書かない!というものや間違った日本語が堂々と看板になっているから、日本人には「ニセ」とわかっちゃいますよね!

日本料理だっていろいろあり、その土地の野菜や土地の人の好みに合わせたりしたら、いくら日本人経営者や日本人の料理人がいるお店でも、「日本料理」をどこまで守れるんだろう~?って思います。

んで、だいたい、「日本料理」って???とわからなくなってきた~!

パン屋の看板のように、はっきり区別できませんよね~!

農林水産省の今後の動きに興味津々です!

2006/12/02 | URL | pepe犬  [ 編集 ]
【Re】pepe犬さんへ / なんちゃって日本食!
>日本人だとこうは書かない!というものや間違った日本語が堂々と看板になっているから、日本人には「ニセ」とわかっちゃいますよね!



⇒ そうなんですけど、フランス人が日本のフレンチの看板を見たときには、どう思うのだろう? と疑問を持ちました。例えば、レストランの名前にするはずがない「プチ・コワン」なんていう看板があったとき、どう反応するのか? 笑うだろうけれど、「これはニセものだ!」などという風に怒ったりはしないのではないかな?・・・



とすると、日本人は日本文化にかなり閉鎖的な感情を持っているのではないか?・・・ むかしオリンピックに柔道が競技種目に入ったときも、外人選手が優勝するのに抵抗があったのを思い出しました。



>いくら日本人経営者や日本人の料理人がいるお店でも、「日本料理」をどこまで守れるんだろう~?



⇒ 本物にしようと思ったら、やはり高くなってしまって大衆化はしないですよね。それと、日本に入っている外国料理だって、日本人の味覚に合わせていて、それで良いと思うし。



>だいたい、「日本料理」って???とわからなくなってきた~!



⇒ 難しいですよね。日本料理だって色々あるのだから判断は難しいですよね。沖縄などだと、中国に近い料理があるのかも知れないし・・・。認定を与えても、その後も大丈夫か審査しなければいけないのだし、公平な判断は難しいと思うな・・・。



>パン屋の看板のように、はっきり区別できませんよね~! 農林水産省の今後の動きに興味津々です!



⇒ こういうことをする余裕があるなら、日本国内にフランスのAOCのような法律を作って欲しいな・・・。

2006/12/02 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
本物は難しい~
海外で完全な日本の味を再現するのは難しいですよね。以前に見た看板で「ラーメソ」というのがありました。すぐに「ラーメン」だとわかりましたが、偽物!と思う前に、ああ、外人さんには上から下へ払う「ソ」と下から上へ払う「ン」の区別が難しいのだなと感心してしまいました。



あまりにも日本料理でないものを日本料理と名乗られるのは辛いですが、あまりきつく言うのも。それよりも日常の生活にいつも日本を意識してもらえる宣伝だと思えば、遠いけど一度は行ってみたい国って思って頂けるかも。世界中にある日本料理屋さんで、あまりに日本料理の忠実にして好き嫌いがはっきりしてしまうよりも、その国の人達の味覚に少しでも近いほうとっつきやすいと思います。そして最後に日本に旅行に来たときに「本物はこういう味なのか!美味しいorまずい」と感じて頂いたほうが私は良いと思います。



食べ物で面白いな、と感じた話を2つほど。

1、東京のイタリア料理屋に行って手元にイタリア語で書かれたメニューをもらって見た時、誰かがスペルや冠詞をボールペンで書き直してました。ヨーロッパ人が書くローマ字だったので、おそらくイタリア人が直してくれたのでしょう。



2、仕事で中国人の出張者と話したとき、その日に中国から到着したのにランチはどこで?と聞いたらビルの下のレストラン街の中華料理屋で食べましたと言ってました。



こだわる人と、こだわらない人がいるものだなと思います。サンプル数が少ないのでこの国民はこーだとは決め付ける訳ではありませんが。面白い。
2006/12/03 | URL | NATASIA  [ 編集 ]
【Re】NATASIAさんへ / 本物は難しい~
>外人さんには上から下へ払う「ソ」と下から上へ払う「ン」の区別が難しいのだなと感心してしまいました。



⇒ 日本語を勉強しているフランス人に「仏語は難しくて・・・」と言ったら、「日本語の方がもっと難しい」と言い返されてしまったことがありました。ソとンのような紛らわしい例をいっぱい挙げていて、「なるほど・・・」と感心しました♪



>あまりにも日本料理でないものを日本料理と名乗られるのは辛いですが、あまりきつく言うのも。



⇒パリにある日本食レストランを種分けができても、本物に行く人の数はほとんど増えないと思うのです。高くて気楽には行けませんから。となると、認定はやはり日本人のメンツのためにする、ということになるかしら?・・・



>それよりも日常の生活にいつも日本を意識してもらえる宣伝だと思えば、遠いけど一度は行ってみたい国って思って頂けるかも。



⇒ そうですよね。日本の飾り物などがあって、安く日本料理が食べられると喜んでいる人たちに対して、「これはニセモノ」と言ったら気の毒でもある・・・。



>その国の人達の味覚に少しでも近いほうとっつきやすいと思います。



⇒ 日本料理独特の「ほのかな香り」などというのは、よほどの食通でないと評価できないだろうし。



>そして最後に日本に旅行に来たときに「本物はこういう味なのか!美味しいorまずい」と感じて頂いたほうが私は良いと思います。



⇒ そうですよね。それに、フランス人は舌が肥えているので、だんだん味の区別ができるようになって、ニセモノは自然に消えていくかも知れない。



>1、東京のイタリア料理屋



⇒ 思い出した! 日本のフレンチでも見たことがあります♪ 直したがるフランス人の連れがいたこともあったような気がする。

2006/12/03 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
Re:農林水産省が海外日本食レストラン認証に動き出した(12/01)
初めてお邪魔致します。

パリの日本食レストランの格付け(?)のニュースをこの間ネットで読んでいて、自分なりに思うところあっていろいろ調べていたら、こちらの日記が目に留まりました。

この日記自体が本当にわかりやすくて目からウロコ、という感じがしましたので、うちの日記の中でリンクを貼らせて頂いてもよろしいでしょうか。

もしもご迷惑なようでしたらお手数でもどうぞお知らせ頂けると助かります。



他のところの話題もおもしろそうですし、またたびたびお邪魔させて頂きたいと思いました。

どうぞ今後ともよろしくお願いします。
2007/01/23 | URL | ちゃと0508  [ 編集 ]
【Re】ちゃと0508さんへ / 農林水産省が海外日本食レストラン認証に動き出した
お役に立つ情報が提供できたらしくて嬉しいです。ちゃと0508さんのブログも、とても興味深く拝見させていただきました。



今後ともどうぞよろしくお願いします。

2007/01/29 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する