| Login |
2006/09/20
友人夫妻が、彼らの娘さんが買った家に遊びに行こうと誘ってくれました。

今週はひどいお天気ですが、このときは素晴らしいお天気!

丘の上にある小さな村のお家でした。



お庭からの眺めです。

横に長い庭で、ブランコの左手に土地が広がっています。つまり、牧場の風景を見下ろす庭。

「いいな、いいな。私、こういう景色が見える家が大好き!」を繰り返してしまいました。

冬に霧氷で真っ白になった景色が素晴らしいのだ、と奥さん。

庭で食前酒を飲んでから、お家の中で昼食になりました。


◆家でよく働くフランスの男性!

お金がない若夫婦のこと。質素な廃屋を買って修復しています。庭の方も、土地をならして整備したのだそうです。

業者に工事を頼むと出費がかさむので、自分たちでできることはみんなやっているのです。

フランスの田舎に古い家を買った若いカップルを見ていると、小鳥が巣を作っているみたいでほほ笑ましいです。

いつか友達の息子さん夫婦が買った家を見に行ったときも、そう思いました。

買ったのは田舎の廃屋。古いお家ですが広くて、庭は1ヘクタールくらいあるとのこと。

夏のある日、近くを通ったので立ち寄ってみました。

エリート校を出て立派な仕事についた青年なのですが、ショートパンツ姿で、全身がセメントで真っ白の姿。見るも哀れな姿で私たちを迎えてくれました。

真夏の暑さの中、一人で工事していたのです。

仕事の手を休めて、私たちに家の中を見せてくれました。かなり工事は進んでいましたが、まだまだ住める状態ではありません。

近くに貸し別荘を借りていました。フランスでは、かなり安く貸し別荘が借りられるのです。

そのお家の方に行ったら、奥さんは涼しい顔で、赤ちゃんを抱いて出てきました。

そのコントラストがおもしろくて、今でも目に焼きついています。


◆休みが長いのだものな...

この見晴らしの良い庭のお家の方に話しを戻します。

ご主人に「年休は何週間あるの?」と聞いたら、「9週間」というさりげない答え。

フランスの法律では、雇っている人には5週間の休暇を与えなければならないことになっています。でも、これは最低の基準。

最近は週35時間労働になったのですが、残業した時間をふり替え休日にするので、8週間くらい休みがある人は珍しくはありません。

週35時間労働は、まだ徹底されていない会社もあるそうです。でも5週間あるのは確実。普通のフランス人は、与えられた休暇を全部消化します。

そのくらい休暇があったら、日曜大工もはかどりますよね...。


このお家のお隣さんの話も書きたいのですが、長くなるので別の日記にしました:
フランスへの民族大移動が始まったのか? 2006/10/12

【追記】
この家のことを別の日記で書いていました:
フランス人の子ども自慢  2008/08/03

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: フランス人 | Comment (8) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
Re:フランス人若夫婦の巣づくり(09/20)
日本にもこの若夫婦のような風潮があるといいのになと思いました。日本には親から頭金を借りて(出してもらって?)長いローンで新築マンションを買う人たちもいますが、真逆の姿だなと思いました。

日本人もそんなに休暇がとれれば、同じことをするのかな?と思ってしまいました。
2006/09/20 | URL | YUMI@J301  [ 編集 ]
5週間の休暇
日本では考えられない労働条件ですね~。

パートタイマーや自由業等の人は、どうなんでしょうか?



日本の多くの企業は残業が付かなくても、深夜・休日までサービス残業・出勤しないとリストラされるような風潮ですよね~。



特に今は人件費削減が、どこでも厳しいですから‥。



だから既婚男性が定年を迎えると、家事も何もできなくて、「濡れ落ち葉」としてテレビとごろ寝の日々になってしまう気がします。
2006/09/20 | URL | ひなの。  [ 編集 ]
Re:フランス人若夫婦の巣づくり(09/20)
♪・昨日の写真追加ありがとうございました。黄色に見えました!



よく働く男性は大好きです。休暇はお金を使って遊ぶ傾向が強いですよね、日本は。

価値観の違いでしょうか・・・
2006/09/20 | URL | HappyHoppy  [ 編集 ]
働き者のフランスの男
思わずウンウンと頷いてしまいました

そうですよね、フランスの男性はよく働きますよね



エクスに留学していた時、ホームステイ先のムッシュが、まさにこの記事の様でした

朝早くから、壁を補修したり、塗ったり

午後は家具を直したりと。。。

いったいどんだけ時間があるんだと、質問しました(笑)

すでにリタイアされていたのですが、こういう生活に本当に憧れてしまいます

2006/09/20 | URL | Key  [ 編集 ]
【Re】YUMI@J301さんへ / フランス人若夫婦の巣づくり
>日本にもこの若夫婦のような風潮があるといいのになと思いました。日本には親から頭金を借りて(出してもらって?)長いローンで新築マンションを買う人たちもいますが、真逆の姿だなと思いました。



⇒ フランスでは、よほどのお金持ちの家庭でないと、若い人たちにはお金がないという感じがします。日本のように、若いというだけで高収入を得られるアルバイトもないみたいだし。若いというだけで人生を楽しめるのですから、年寄りの方が経済的に豊かだという図式の方が自然な感じがします。



ランス人たちから時々言われることがあります。パリに日本人の若い女性がたくさん来ているので、親たちはすごいお金持ちなんだろう、と。親の方は海外旅行なんかできる余裕がなくても、子どもたちにお金を出してあげる人もいるのだ、というと「ほー・・・」と別世界を見るような顔をされます。国内旅行をしているより、ヨーロッパ・パッケージ旅行の方が安上がりだったりもする日本ですが。



日本では、親たちが子どもを優先してしまうので、自分が年をとったときには子どもが面倒をみるべきだという図式ができてしまうのではないかな?・・・ という気もしています。



>日本人もそんなに休暇がとれれば、同じことをするのかな?と思ってしまいました。



⇒ フランス人たちは、お金をかけないでも楽しめるテクニックがあると感じています。日本人に休暇が増えたら(あるいは、与えられる休暇を全部消化するようになったら)、どうなるでしょうね?・・・



日本で「定年になったらどうしよう?」という声を聞くのと同じくらい、「早く退職生活を楽しみたい」という声を聞きます。
2006/09/20 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
【Re】ひなの。さんへ / 5週間の休暇
>パートタイマーや自由業等の人は、どうなんでしょうか?



⇒ パートタイマーでも、働く日数によって有給休暇を計算して与えなければいけないそうです。雇っている人には最低限の有給休暇を与えなければいけないという法律なので、自分で働いている場合には構わないことになるのではないかしら? でも、ヴァカンスを楽しむ習慣が徹底しているので、普通に休んでいる感じがします。たまには、働き尽くめの社長さんもいますが。



>日本の多くの企業は残業が付かなくても、深夜・休日までサービス残業・出勤しないとリストラされるような風潮ですよね~。



⇒ そうですね。メンタリティーの違いかも知れませんね。フランスは、管理職層は良く働いて、平社員は仕事が残ってもほったらかす、という感じがします。管理職は給料が多いわけで、それが当然という気もします。



日本で働いていたときのボスがパリに戻ったので遊びに行ったら、8キロだか痩せてしまったと言っていました。時間が来ると秘書が帰ってしまうので、自分が夜遅くまで残って仕事を片付けなければならないからとのこと。



>だから既婚男性が定年を迎えると、家事も何もできなくて、「濡れ落ち葉」としてテレビとごろ寝の日々になってしまう気がします。



⇒ 日本の大手企業で、定年を迎える前の人を集めて、退職後の生活に備える研修をテレビで見たことがあります。夫婦で参加。時計が描かれた紙を渡して、1日のプランを書かせるわけですが、奥さんの方はスイスイと予定を書き込んでいるのに、ダンナさんたちの方は頭を抱えていました!
2006/09/20 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
【Re】HappyHoppyさんへ / フランス人若夫婦の巣づくり
>休暇はお金を使って遊ぶ傾向が強いですよね、日本は。価値観の違いでしょうか・・・



⇒ 日本人はお金を使って休暇を楽しむしかできない人が多いと思いますが、お金を使わないと休暇を楽しめないという体制もあるように思います。日本では、何ををするのにも、お金をとる!



フランスの場合、教会を見学するのはタダ(ごく稀に例外はありますが)。フランス人が好きな美しい村を散歩するというのもタダなのですが、日本にはそういう村が余りない・・・。フランスには、お土産を買う習慣もない。キャンプや貸し別荘が安く利用できるので、自炊してレストランには行かない人も多い。



日本の庶民が、フランス人のように長期休暇を家族で楽しんだら破産してしまうと思います。日本でも上手に楽しもうとしたらできるわけなので、そういうことをするのが一般化していないだけかも知れません。
2006/09/20 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
【Re】Keyさんへ / 働き者のフランスの男
>フランスの男性はよく働きますよね

>エクスに留学していた時、ホームステイ先のムッシュが、まさにこの記事の様でした



⇒ 日曜大工をしない人の方が、フランスでは例外的ではないかと思っています。マメに働くのを見ていると脱帽してしまいますよね♪



>すでにリタイアされていたのですが、こういう生活に本当に憧れてしまいます



⇒ リタイヤ生活を楽しんでいらっしゃるのが目に見えるようです。



私もフランスで初めてホームステイしたときには、こんな生き方があるのだ・・・ と、カルチャーショックを覚えました。それを見たのがブルゴーニュだったので、ブルゴーニュを好きになりました。
2006/09/20 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する