| Login |
2006/09/17
ブルゴーニュにはシャロレーと呼ばれる肉牛の故郷があります。

その名もシャロレーと呼ばれる地域。

この地方は青々とした牧場が広がっています。ブドウ畑はなくて、たまにあったりもすると驚く程度。

日本では余り見る機会が少ないだけに、私はフランスで見る景色の中では牧場の風景が大好きです。


朝もやが残っているシャロレー地域の牧場。
コントラストが強すぎて、これでは芸術作品にはならない!

区画の仕切りとなる潅木や石垣があって、丘が地平線を作っているのが好きな牧場の風景です。

邪魔なだけの区画だとなくしてしまう農家も多かったそうですが、それでは伝統が失われると思って昔ながらの風景を作ろうとする人たちが現れたのは嬉しい限り...。

手前に見えるのがシャロレー種の肉牛です。

この肉がおいしいのだと書こうと思っている日記で引き合いに出してしまってゴメンね!
日記には書かないけれど、子牛の足の料理も美味しかった...。



◆新鮮な肉を使ったカルパチョを味わう

産地を旅行したので、シャロレーの肉を毎日堪能しました。

ブルゴーニュの代表的な肉なのに、産地ではやはり格別においしい肉が食べられます。
なぜ、どうして、こんなに違うの?!・・・ と、改めて思ってしまいました。

下は、レストランで食べたシャロレー種の生肉のカルパチョ。ただ薄い肉を並べた普通のカルパチョと違うので写真に撮りました。



幅が40センチある大皿の前菜。チーズも乗っているし、これだけ食べれば十分と思えるボリューム!

普通のカルパチョでは喜ばれないだろうとシェフは思ったらしく、工夫がありました。

お品書きにはフォアグラを削ったものが乗っているとあったのですが、大きなスライス!

黒く見えるのは、直訳すれば「死者のトランペット」と呼ばれる、今が旬のはしりの野生キノコです。



◆アルマニャック

お品書きを見たときには、この料理にはノワゼットとアルマニャックの名が並んでいたので、その2つから作ったオイルが存在するのかと思ってしまいました。

ウエートレスさんに聞いてみたら、ノワゼット・オイルにアルマニャックを少したらして風味を出しているのだとの説明。香りの良いブランデーをそんな風に使えるとは知りませんでした。

アルマニャックは、コニャックのお隣で生産されているブランデーです。
コニャックは2度蒸留してまろやかにするのですが、アルマニャックは1度しか蒸留しません。それで、風味が強くコニャックより野生的。もしかしたら、私はコニャックよりアルマニャックの方が好きなのではないかと思っています。


アルマニャック ⇒ シャボー XO 700ml     カステルフォール バ・アルマニャック Castelfort Bas Armagnac     アルマニャック いろいろ


◆ノワゼット(はしばみ)オイル

このカルパッチョは、ノワゼット(はしばみ)の実から作ったオイルを使っていました。

ノワゼット・オイルは、ブルゴーニュ地方でも生産しているところがあるのですが、グルメの人でないと台所においていないような珍しいオイルです。

香りがこうばしくて、知らない人にノワゼット・オイルでソースを作ったサラダを出すと「何の香りだろう?・・・」などと楽しんでもらうことができます。

ノワゼット(はしばみ)オイル(フランス産) ⇒ はしばみ油     ノワゼット(はしばみ)オイル


とても美味しくて、珍しい牛肉のカルパチョを楽しんだのですが、料理の材料の使い方からみて、シェフはフランスの反対側にあるボルドーとかペリゴールあたりの出身者ではないかと思いました。

でも、このフランスの西と東の食材を合体させて料理は、とても美味しかったです!

     


日本の牛肉の方が柔らかいので、生肉を食べるなら、フランスより美味しいのではないかという気もします・・・。

日本でも牛肉のカルパッチョ食材を売っていました ↓

和牛カルパッチョ500g     【大特価継続中】足柄牛 タタキ 500g【秋の味覚だウィークエンドセール】

ブログ内リンク:
★ 目次: シャロレー種の牛について書いた記事


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: レストラン | Comment (2) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
すごく壮大な風景ですね!びっくりです・・・

確かに日本では、見られないかもしれません。

とっても美しいですね~♪

お肉のカルパッチョもあるんですか?

私はお魚のしか、知らなかったです。

それにしても・・・すごいボリュームですね。

お皿もとっても大きいみたい・・・



以前に、フランスからの留学生が遊びに来るということで、アドバイスをしていただいた者です。

それで昨日、初めて遊びにきてくれたのです。

英語と、片言の日本語を覚えてきてくれたので、

私のでたらめな英語でも、何とかお話ができました。とっても楽しい時間を過ごすことができました。

とても好青年で、私達家族はあっという間に大好きになりました。あまりに楽しかったので、今日は、なんだか寂しい気がしています。

アドバイスをくださったおかげで、それほど心配なく迎えることができました。御報告とお礼をかねて

・・・ありがとうございました♪
2006/09/18 | URL | すず  [ 編集 ]
【Re】すずさんへ / こんにちは
>すごく壮大な風景ですね!びっくりです・・・

>確かに日本では、見られないかもしれません。

>とっても美しいですね~♪



⇒ フランスに来てから雄大な風景を見て、「地球は丸いのだ!」と実感しました♪



>お肉のカルパッチョもあるんですか?

>私はお魚のしか、知らなかったです。



⇒ フランスでは逆ですね・・・。お魚のがあると珍しいと喜んでしまいます。イタリアの画家のヴィットーレ・カルパッチョに由来する料理名だとか聞いたことがあります。ヴェニスに彼の作品をたくさん集めた感動的な教会があって、なるほど生肉の色・・・と眺めてしまいました。



>以前に、フランスからの留学生が遊びに来るということで、アドバイスをしていただいた者です。



⇒ 訪問を楽しく過ごされたと聞いて本当に嬉しいです♪ 実は、そんなに心配されているのに、生意気なフランス人がやってきたら余りにも残念なことだ・・・と心配していたのでした。



冗談が上手な陽気な青年だったのでしょうね。彼の方も、一生に残る思い出を作ってもらって喜んでいると思います。



ほんとうに良かった~!・・・
2006/09/18 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する