| Login |
2006/10/15
フランスで持つのに嬉しい観葉植物は、山椒の鉢植えだと思っています。

おすそ分けしていただいたものがスクスクと育っています。土だけはアジサイ用のものにしないと葉が黄色くなってしまいますが。

夏には外に出しておいて、冬は室内。香りを楽しめるし、春まだ寒いうちから新芽がでてきて食べられます。

山椒の葉はフランス人にも喜ばれます。特に、葉っぱをたたいて香りを出すのが面白がられています。

ハーブを上手に使うシェフに山椒の鉢植えをプレゼントしました。庭にたくさんハーブを育てていいる人なので(ちゃんとシソもある!)、これは喜ばれると確信していたからです。

「日本の胡椒」だとフランス語で言ったのですが、ラテン名を聞かれてしまいました。


◆山椒は、フランス語では「四川胡椒」

それでインターネットで調べたら、山椒はZanthoxylum piperitum がラテン名のようでした。

フランス語では、Poivre du Sichuan (Sichuanの胡椒)となっていました。

Sichuan(Séchuanとも綴る)とは何かと思ったら、四川(しせん)のこと。中国の四川料理は山椒をよく使うらしい。

Wikipediaのフランス語ページにも、ちゃんとPoivre_du_Sichuanがありました。このページからリンクされている日本語の説明ページに比べると簡単な記述ですが、でもちゃんとある!

私は山椒が大好きなのですが、とても日本的なものだと思っていました。竹の子に木の芽、ウナギに山椒・・・。日本のものだと思っていたのにルーツは中国というのはとても多いのですよね...。

でも中国では「花椒(ホアジャオ)」と呼ばれて、日本の山椒とは少し違う品種らしい。

ラテン名を調べたおかげで、山椒について勉強してしまいました。ミカン科の植物なのだそうです。雄雌があって、どれでも花が咲いて実がなるものではないことも初めて知りました。

それから、山椒の葉を食べるのは、どうやら日本人だけのような感じもしました。


◆四川胡椒の粉なら、フランス人も知っていた!

ともかくフランス人に「四川胡椒」だと説明したら、私の山椒の木はとたんに希少価値が高まってしまいました。

Poivre du Sichuan(四川胡椒)という香辛料なら、フランスのグルメには知れられているのだそうです。これを使っているフランス料理には書いてあったりもするし、高価な香辛料なのだとのこと。

フランスでは幾らくらいで売っているのかと思ってインターネットで調べたら、30グラムで4ユーロ弱(約600円)というのが出てきました。他の胡椒と変わらない値段ですよ...。がっかり...。

山椒の粉はフランスに持ってきたことがあるのに、ほとんど使わないでいました。台所で探してみたら賞味期限は3年に切れていた!

この次に帰国したときには、日本から厳選された山椒の粉を持ってこようと思います。もしかしたら、私の日本料理のレパートリーが増えるかも知れない...。

■【山椒粉】七味屋が使う特上品■京都の人は山椒好き。下手なモンは怒られます。ええモンやか...【山椒粉】七味屋が使う特上品

飛騨山椒粉飛騨山椒粉


楽天市場で山椒を探す

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
山椒
ブルゴニッシモさんはじめまして。山椒に反応してしまいました。

ハワイ在住の友人によるとハワイで手に入らない日本食材は唯一山椒だけだとか。さすがフランスの食はすごいですね。
2006/10/15 | URL | このわた  [ 編集 ]
Re:山椒はフランスでも知られていたことを発見(10/15)
私も山椒は日本的な調味料と感じていました。フランスにもあったのですね。

信州は七味唐辛子が名物です。フランスにもありますか?
2006/10/16 | URL | HappyHoppy  [ 編集 ]
Poivre du Sichuan
こんにちは。フランス旅行から帰ってきました。

ユーロが高くて毎日スーパーでパン、チーズ、サラミを購入、夕食と朝食にして飢えを凌ぎました。



さて、「Poivre du Sichuan」先週に読みたかった!Bordeauxのお店でこの名前を見て、なんだろうと思い辞書を引いたところ「中国の胡椒」と書いてあり、腑に落ちずにいたのです。なるほど山椒か!すっきりです。そうと知っていればもっと興味を持って見たかも!?



先日にブルゴニッシモさんが書いたフォンデュ話のなかで、ブルゴーニュとボルドーはともにプライドがあるからブルゴーニュなんて名前の付くものは無いのでは?とコメントを頂きました。

確かにブルゴーニュ風フォンデュは無かったのですが、街中を走るトラムの駅名の一つが「PORTE DE BOURGOGNE」でした。更にその駅は他の方面に行くトラムの駅と接続している重要駅でした。ちょっとびっくりです。ブログの話と関係なくてすみません。
2006/10/16 | URL | NATASIA  [ 編集 ]
Re:山椒はフランスでも知られていたことを発見(10/15)
山椒と言えば、真っ先にウナギを思い浮かべてしまいます。

観葉植物として育てなんて考えても見ませんでした。

香りもいいし是非部屋に置いてみたいです。

2006/10/16 | URL | YUMI@J301  [ 編集 ]
【Re】このわたさんへ / 山椒
>ハワイ在住の友人によるとハワイで手に入らない日本食材は唯一山椒だけだとか。



⇒ ハワイには日系人が多いので、日本の食材は何でもありそうに感じるのですが、そうなんですか。



>さすがフランスの食はすごいですね。



⇒ 一流シェフが注目してもおかしくない日本食材は色々あると思うのですが、これからなのでしょうね。
2006/10/17 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
【Re】HappyHoppyさんへ / 山椒はフランスでも知られていた
>私も山椒は日本的な調味料と感じていました。フランスにもあったのですね。



⇒ どうやら中国料理から入っているらしいのが私には残念でした。



>信州は七味唐辛子が名物です。フランスにもありますか?



⇒ 五香粉はフランスで食べる中国料理でよく目にする言葉なのですが、七味唐辛子は見かけないですね。パリなどには超高級品の香料を扱う店があるのですが、そういうところのもないのではないかなという気がします。唐辛子に関しては、フランスには最高級といわれる国産の種類が存在しています。
2006/10/17 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
【Re】NATASIAさんへ / Poivre du Sichuan
>フランス旅行から帰ってきました。



⇒ お帰りなさ~い♪



>ユーロが高くて毎日スーパーでパン、チーズ、サラミを購入、夕食と朝食にして飢えを凌ぎました。



⇒ あら、まあ。フランスは安く食事ができないので困るのですよね。日本だと円高になるとすぐに騒ぐのに、こちらでは全く対策がとられない感じがします。フランスは日本より物価が安いと思っていたのですが、最近は逆の感じがします。



>「Poivre du Sichuan」先週に読みたかった!Bordeauxのお店でこの名前を見て、なんだろうと思い辞書を引いたところ「中国の胡椒」と書いてあり、腑に落ちずにいたのです。なるほど山椒か!すっきりです。そうと知っていればもっと興味を持って見たかも!?



⇒ ボルドーのお店では高級品のように扱っていたので目に付かれたのでしょうか? 私もお店で見てみたいなと思っています。ちゃんと辞書をひかれたとは偉い! でも「中国の胡椒」では私たちには山椒はイメージできませんよね。英語以外の外国語の辞書は適訳が見つかりにくいのが困ります。私は自作仏語辞書を作っています。



>街中を走るトラムの駅名の一つが「PORTE DE BOURGOGNE」でした。更にその駅は他の方面に行くトラムの駅と接続している重要駅でした。ちょっとびっくりです。



⇒ PORTEというのは昔の町を囲っていた要塞の塀の門のなごりで、ボルドーにはブルゴーニュ方面にあいている門があったのでしょうね。ブルゴーニュがフランスに属していなかった時代のものなのかな?・・・ パリのど真ん中にある広場でも、PORTE DE BOURGOGNEを見たことがあります。
2006/10/17 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
【Re】YUMI@J301さんへ / 山椒
>観葉植物として育てなんて考えても見ませんでした。香りもいいし是非部屋に置いてみたいです。



⇒ お勧めですよ♪ 日のあたりが弱いので、柔らかい木の芽を収穫できる期間も長いです。
2006/10/17 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
ブルゴニッシモさんへ/ Poivre du Sichuan(10/15)
>⇒ あら、まあ。フランスは安く食事ができないので困るのですよね。



まあ、パンもチーズもサラミも大好きだし(←負け惜しみ)。最後の方ではお米が食べたくてたまりませんでした。



>フランスは日本より物価が安いと思っていたのですが、最近は逆の感じがします。



私も感じました。ホテルのお姉さんにユーロ高いよ、と言ったら彼女もお給料は上がらないのにユーロになって物価が上がって生活が苦しくなったと言ってました。



>⇒ ボルドーのお店では高級品のように扱っていたので目に付かれたのでしょうか?



特に高級品扱いではなかったです。他の調味料と一緒に並んでいて、1つずつ手にとって内容を見ていた1つがこの山椒でした。私はあまり調味料を使う食事は好きではないのですが、見る分には色が綺麗で楽しいので興味本位で手にとってみてます。

でもそんなに高級品ならば買えばよかった。。。



>私は自作仏語辞書を作っています。



素晴らしい!それは良いアイデアですね。私も真似させて下さい。



これからも楽しい情報発信をお願いします。
2006/10/18 | URL | NATASIA  [ 編集 ]
【Re】NATASIAさんへ
>パンもチーズもサラミも大好きだし(←負け惜しみ)。



⇒ 書こうと思って忘れていました。お買い物をなさったもので食事なさって良かったとも思うのですよ。毎食レストランで食事していると胃がもたなくて体調をくずしますから。



>特に高級品扱いではなかったです。



⇒ そうですか。ひょっとすると、フランス人のシェフがもったいぶって山椒を使っているだけなのかも知れない。



>そんなに高級品ならば買えばよかった。。。



⇒ どうせ中国かどこかからの輸入品を材料にしているだけでしょうから、買われたらがっかりなさったのではないかしら? でも山椒だと分からないで味見なさったら面白かったかも知れませんね。「山椒に似ている。でも、どこか違う・・・」なんて♪
2006/10/18 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する