| Login |
2006/10/14
帰国が迫ると、今のうちに美味しいフランス料理を食べておきたくなります。それで、この週末はお気に入りのレストランに行きました。

立派なお屋敷をそのままレストランになっているので、とてもアットホーム。従業員もなく、ご夫婦だけで経営しています。ここでは予約をしないと食事できません。定休日も多いし、気が向かないと休みにしてしまうのです。

シェフのご主人は引退しても良い年齢なのですが、趣味でやっているとしか思えません。フランスの年金制度はしっかりしているので、普通なら老齢年金をもらえるようになったら働かないもののです。

邸宅の広い庭で色々なハーブも育てているし、丹精こめて作ってくれる料理は素晴らしいです!

フランスのレストランの入り口にはメニューが出ているのですが、ここには名前を書いたプレートしかありません。食通の友達が紹介してくれなかったら、行ってみることもなかったと思います。

大好きなレストランなのですが、しばらく行っていませんでした。

2部屋に分かれたダイニングルームに5つくらいのテーブルがあるのですが、この日は私たちだけしかいませんでした。シェフを独占してしまうなんて、最高の贅沢です!


◆食事のメニュー

私が選んだリドヴォー前菜です ↓



Millefeuille de Ris de Veau



メイン料理はオマール海老 ↓



Homard Rôti aux Agrumes



この後に、チーズとデザートだったのですが、写真は割愛します。

食べたのはそれだけではなくて、前菜の前のお通し、デザートのあとのお菓子もありました ↓



田舎でシェフしかいないレストランで素晴らしい料理を出してくれるところもあるのですが、デザートまではできないらしくて、最後に食べるものにがっかりすることがよくあります。ここは料理もデザートも素晴らしいので驚きます。

付け合せにも心がこもっていていて、一つ一つの味が洗練されているので感激します。でも、普通は多くても10人分くらいの料理しか作らないので、当然かも知れません。

私がとった定食メニューは52ユーロでした。久しぶりに行ったので、こんなに安かったっけ?... と思いました。

いつか食事したときにお隣になったテーブルの人たちは、「3つ星レストランで食事をするより、ここで3回食べた方が良い、と薦められて来たのです」と言っていたのですが、本当にその通り!


◆慣例で、和食をご馳走しました

このレストランに何回か行っているうちに、シェフご夫妻とはすっかりお友達になってしまいました。

この日も、食事の後にはシェフご夫妻と延々とおしゃべりをしてしまいました。

食事をした後は、私が日本料理を食べさせるのがほぼ習慣になっています。お刺身の話しをしたら、お給仕をしていたマダムが「いつか食べてみたいと思っていた」と言ったのがきっかけ。

私の招待のお礼に、ご夫妻がお気に入りの3つ星レストランに招待してくれたこともあるので、よほど喜んでくれているのだと思います。

心なしか、久しぶりに行った今回の食事では、日本料理の影響が感じられたので嬉しくなってしまいました♪

招待すると、ものすごく喜んでくれます。あと何日・・・ などと数えて、有頂天になってしまいまっています! フランス人は食事に招待されるのが好きですが、こんなに大げさに喜んでくれる人たちは少ないです。

シェフを招待してしまうのですから、初めての時は緊張しましたが、とても喜んでくれるので気が楽になりました。食材や調理法が違うこと、飾りつけが違うことを楽しんでくれるので、招待するのが嬉しいお友達のトップに入れています。

このときも数日後に、ご夫妻と娘さん親子を招待したのですが、とても楽しい夕食会になりました。

お子様料理は作らなかったのに、小学生の男の子まで喜んで食べてくれたのが嬉しかったです。

フランス人は食べることに生き甲斐を感じているような国民なのですが、なぜか子どもたちは全くグルメではないのです。先日のニュースでも、子どもの食感を育てるために学校給食でちゃんとした料理を食べさせてみたら、全く人気がなかったというのがありました。

シェフのお孫さんが、奇妙で食べられなくても不思議ではない日本料理を喜んでくれたのは、やはり血筋でしょうか?...

にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村


カテゴリー: レストラン | Comment (8) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
Re:お気に入りのレストランでの食事をしました(10/14)
近くに気軽に行けておいしいレストランとワインがあるなんてこの上ない贅沢ですね。ゆったりと時間が流れているようでブルゴーニュに住みたいです。



ブルゴーニュのワインを飲んでいると日本食にも通じるものを感じます。寿司は少し違和感あるかもしれませんが、てんぷらは外国人には人気があるように思います。
2006/10/14 | URL | Screaming_Eagle  [ 編集 ]
Re:お気に入りのレストランでの食事をしました(10/14)
顔なじみになったお店というだけでなんだか嬉しいですね。そのフェフを食事に! こうして人の輪が広がるのでしょう。うらやましいです。



美味しいもの繋がりというのでしょうね。
2006/10/14 | URL | HappyHoppy  [ 編集 ]
【Re】Screaming_Eagleさんへ /お気に入りのレストラン
>近くに気軽に行けておいしいレストランとワインがあるなんてこの上ない贅沢ですね。



⇒ それほど近くはないのと、そちらの方向には行く用事がないのが残念です。本当に近いか、ランチメニューのように気軽に食べられるのがあったら、もっと頻繁に行けるのですが。



>ゆったりと時間が流れているようでブルゴーニュに住みたいです。



⇒ ブルゴーニュは本当に恵まれた地方だと思います。



>ブルゴーニュのワインを飲んでいると日本食にも通じるものを感じます。寿司は少し違和感あるかもしれませんが、てんぷらは外国人には人気があるように思います。



⇒ 最近のフランスでは、寿司が日本料理の中で一番知られている料理になったようです。天ぷらも出すと喜んでくれますが、それほど感激はしていないように感じます。ともかく、大根がめったに手に入らないのと、なぜかフランスではテンプラがからりと揚げられないので、私はほとんど作らなくなりました。
2006/10/14 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
【Re】HappyHoppyさんへ / お気に入りのレストラン
>顔なじみになったお店というだけでなんだか嬉しいですね。



⇒ 入って行ったときに握手する仲になっているレストランは行くのが楽しいですね。



>そのフェフを食事に!



⇒ 初めて招待したときには、こんなシェフに料理を出すなんて、すごい度胸だと我ながら思いました。彼らの話しを聞いたら、友人たちはシェフに自分の料理を食べさせるのは気が引けるらしくて、普通の人たちより家庭での食事に招待される機会が少ないのだそうです。それで、招待されると大喜びしてしまうらしい。考えたら、お気の毒なお仕事!



>こうして人の輪が広がるのでしょう。うらやましいです。美味しいもの繋がりというのでしょうね。



⇒ フランスでは、一緒に食事をするというのが付き合いの基本になっていると感じます。
2006/10/14 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
美味しそうなオマール海老
高級食材のオマール海老が52ユーロで食べられるとは

羨ましい。。

家庭的な雰囲気もくつろげそうですね

ワインもすすみますね。

2006/10/18 | URL | フランス大好き  [ 編集 ]
【Re】フランス大好きさんへ / 美味しそうなオマール海老
>高級食材のオマール海老が52ユーロで食べられるとは羨ましい。。



⇒ フルコースのお値段ですもの、すごいでしょう?♪ なかなかオマールには手がでないのに、一昨日はまたオマール海老を食べてしまいました。軽く食事したかったので、一皿とデザートだけ食べたかったので選んだのと、いつも日本に帰る飛行機に乗る前は、なぜか、これで私の一生が終わるかも知れないのだという覚悟(?!)があるのが理由です!



・・・と毎回思いながら、今回も無事に帰国してしまいました♪



カエル料理を注文するときのくせで、お給仕のお兄さんに「オマールは、冷凍ではなくて、フレッシュですよね?」などと確認してしまいました。優秀なウエーターさんで、「この海老は今は水槽で泳いでいて、青いのだけれど、茹でると赤くなるんですよ」などと、ニコニコと目を丸くしながら親切に答えてくれました。



今回はオマール料理は、単品で45ユーロ。私のお気に入りレストランは安いのだ♪ と改めて喜んだのですが、ひいき目なしにすると、オマールそのものの味がこちらの方が良い・・・。



今回のは「青いオマール」と呼ばれるブルターニュ産で、前に食べたのは普通のオマールだったらしい。やはりフランス最高級オマールはすごい! と感心しました。



ブルターニュではどうして美味しい甲殻類が採れるのかな?・・・ ブルターニュの帆立貝が手に入ったときに作ったお刺身のおいしかったこと! 甘みもあって、日本でもこんなにおいしい帆立貝の刺身は食べたことがないと思いました。



>家庭的な雰囲気もくつろげそうですね

>ワインもすすみますね。



⇒ 顔なじみのレストランに行くとリラックスできて、特別に嬉しいものがありますよね。
2006/10/18 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
青いオマール海老?
お帰りなさい★★★

ご無事でなによりです♪



青いオマール海老なんてあるんですか?

そういえばエビって茹でる前は青かった。。?

かな

ちょっと透き通って青みがかっている

といった感じなんでしょうかね。。

2006/10/19 | URL | フランス大好き  [ 編集 ]
【Re】フランス大好きさんへ / 青いオマール海老?
>お帰りなさい★★★ ご無事でなによりです♪



⇒ ありがとうございます♪



>青いオマール海老なんてあるんですか?



⇒ どこかで活きたのを見ていて、確かに「青いな」と感じた記憶はあるのですが、どんな風に青かったか?・・・ 気になってしまって、インターネットで調べてみました。



19日の日記に入れたリンクの写真をご覧くださいますか? 日記は、次のところです:



http://plaza.rakuten.co.jp/bourgognissimo/diary/200610190000/



そんなに青くはないのですよね。でも、実際のを見ると、もう少し青っぽく見えるはずです。

2006/10/19 | URL | ブルゴニッシモ  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する