| Login |
2008/10/24
少し前、洋ナシロックフォールを一緒に食べるという組み合わせを知りました。

* それを紹介していたのは、pepe犬さんのブログ「Poire と Roquefortです。フランスで売られている洋梨を並べて、どんな形があるのか見せてくださっています!

果物と青カビチーズを一緒に食べる?!
意外な組み合わせでした。

  +    = ?


すごいな~ と思ってフランスの検索エンジンで調べてきたら、かなり出てきました。知らなかったのは私だけ?・・・

ただ一緒に食べるだけではなくて、お料理とするレシピもでてきました。

洋ナシを横に切って、そこにロックフォールを挟みこんで、サラダを添えています。 ↓
Recette de Millefeuille de poire, Roquefort et mâche nantaise

これを前菜にする、デザート前のチーズの代わりにする、あるいは、チーズとデザートをこれで済ませてしまうというということもできるのだそうです。山椒やピスタッチオなどをドレッシングに入れているのは面白いですけど、でもね・・・ と思って、さらに検索。

すると、同じように簡単にできて、とてもおいしそうに見える前菜が見つかりました♪


タルト生地に洋ナシとロックフォールをのせた前菜

市販のタルト生地(前々回の日記で紹介しました)を使ったもので、簡単にできそうな前菜です。

写真入りのレシピ「洋ナシとロックフォールのフイユテ」:
Feuilletés poire et roquefort

四角に切ったタルト生地に卵の塗って、その上にロックフォール・チーズ、バターで炒めたエシャロット、それに洋ナシをのせて、オーブンで焼くだけ。

温かいうちに、サラダと一緒に出すのですって。

いつか試してみたいと思います。

特に、熟していないナシを買ってしまったときには良さそう。フランスで洋ナシを買うと、ちゃんと熟していないのにあたる確率が高いのです。

ただし、甘辛いのが好きな人に受けるだろうと書いてありました。甘みが強い料理は嫌いというフランス人は多いです。でも、私は好きなのでOK。

これ、一口で食べられるくらいに作れないかな? そうしたら、食卓につく前にシャンパンを飲むときのオツマミに良いのではないかと思うのです。シャンパンに合うオツマミって、なかなか難しいのです。Biscuit rose de Reimsという定番もあるのですが、私はあまり好きではないので出したくない・・・。

ちなみに、このレシピは市販のタルト生地のパッケージに書いてあったものなのだそうです。いつも読まないで捨てていますが、今度は読んでみようと思いました。

前々回の日記からスタートして、タルトのお話しを3つも書いてしまったのですが、このレシピをメモしておきたかったので書き始めたのでした・・・。


メモ:

フランス語には縁のない方のために、このチーズと洋梨を組み合わせたタルトのレシピをご紹介しておきますね。


コメント
この記事へのコメント
洋ナシとロックフォールの組み合わせは私も意外でしたが美味しいですよ~!
それにしても、このサラダ、、、豪快ですね!これは試してみたい。(笑)
フイユテも写真をジ~~~っと見つめてしまいました。
これは食べてみたいっ!
とにかく、只今引きこもりながら「レストラン・pepe犬」を目指しています。(笑)
洋ナシもロックフォールも選べるくらいあるフランス万歳~~!今のうちに思う存分食べこみますっ!v-286
2008/10/28 | URL | pepe犬  [ 編集 ]
v-22pepe犬さんへ

私、まだ試していないのです。メロンと生ハムが合うくらいだから、この組み合わせも良いのでしょうね。ロックフォールは強烈なチーズだし。

そうですね。もうフランス料理なんか食べ飽きたという状態にして帰国なさると良いかもしれない。日本ではフランス・チーズが高い! 笑ってしまうほど小さな端きれを売っている!
2008/10/29 | URL | Otium  [ 編集 ]
引越してから、パソコンをときどきしか見れない状態で、ごぶさたしちゃっております。
ブルゴーニュは涼しくなってきましたか?

これはおいそそうですね!しかも日本語に翻訳していただいて嬉しいです~。
ロックフォールはたぶん食べたことがないと思います。強烈な味ということですが、他のもう少し無難な?チーズではその旨さはでないでしょうかね。。
でもぜひ試してみたいです。お野菜をたっぷりつけていただいてみたいです。

2008/11/01 | URL | chiaki@静岡  [ 編集 ]
v-22chiaki@静岡さんへ

ブログの更新がないので残念だな~ と思っていたのですが、お引越して環境が変わりましたか。パソコンに向かっていると時間がたってしまって他のことができなくなるので、良いと思いますよ~。

少し前から帰国していて、もうフランスに戻ることを考え始めているところです。ブルゴーニュは寒いだろうな・・・。東京では蒸し暑くて、少し涼しい日があると喜んでいるのですが。

ロックフォールは、かなり個性的なチーズです。チーズを食べ慣れていると、だんだん強い味が好きになるという傾向があるように思います。

フランスでもチーズは苦手という人がいて、「これだけは食べる」というチーズがあります。「コンテ」というチーズ。山岳地帯でつくられるハードタイプのチーズで、似たようなのは色々あるのですが、ブルゴーニュのお隣のジュラで作られるので、私のところではコンテ・チーズがポピュラーです。火を通すと「とろけるチーズ」なので、よく使います。チーズ・フォンデューも、これを使ったのが最高♪

レシピを探そうとしたら、いつの間にかコンテのPRをしている日本語サイトができていまし。レシピも出ています:
http://www.comte.jp/07recipe/index.html

日本の食材を使った簡単レシピもあるので、フランス人に食べさせてみたいなと思い、しばし眺めました。おかげ様で、おもしろいサイトを発見させていただきました♪ よろしかったらご覧くださいね。
2008/11/03 | URL | Otium  [ 編集 ]
ブルゴニッシモさん

日本にいらっしゃったんですね!今日あたり東京は寒いのでは?温暖な静岡も今日は冷え冷えです。。

ブログも好きなイラストも12月ぐらいからまた少しずつかこうかなと思ってるんですけど、確かにパソコンを家で見ない生活もいいですよ。

このページいいですね。コンテ、チーズのお店で探してみます。フランス人でもチーズが苦手な人はいるんですね^^;
春巻きなど食べやすそうですね。ぜひ試してみますね。
2008/11/03 | URL | chiaki@静岡  [ 編集 ]
v-22chiaki@静岡

そうなんです。今日は、暖房を入れる日も近いと感じて驚きました!

わあ~、イラストも新しいのが入りますか? 楽しみにしています♪

フランスで親しい人の中に2名、「チーズはコンテだけOK」という人がいます。二人とも、かなり食いしん坊なので解せません。特にレストランで定食メニューを食べるときには、彼らは可哀そうになります。パリや、その影響を受けた地域では、お手ごろ価格の定食は「チーズかデザート」を選ぶことになるのですが、食堂楽のブルゴーニュでは両方が入っているのが普通。しかも、チーズはワゴンで運ばれて好きなだけ取れます。同じ料金を払いながら、コンテがワゴンに乗っていないときは、彼らはチーズはパスするのですからお気の毒!

コンテのレシピの中で、私も春巻きに惹かれました。確実においしいだろうし、タルト生地にのせて焼くのよりも皮が薄くて良いと思いました。タルトやピザの皮が厚すぎると、フランス人はふざけて「歩道は食べたくない」と言って残すのです! chiakiさんにもコンテが気に入っていただけると嬉しいけれど・・・。
2008/11/03 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する